IE 200

ゼンハイザージャパンは、有線イヤホン「IE シリーズ」の新モデルとして、エントリーモデル【IE 200】を、1月31日より発売する。

イヤーピースの固定位置を2段階から選べる「デュアルチューニングシステム」を新たに搭載したモデル。特許出願中の機構で、ノズル部分に小さなホールとスリットを設けており、イヤーピースのポジションによって空気量をコントロールし、音質のバランスを調節できる。イヤーピースを深く挿したクローズ/スタンダードポジションでは密閉性を高め、通気性を下げることで空気を閉じ込め、低域を強調する。

主な機能は「IE シリーズ」を継承しており、TrueResponseトランスデューサーや、ノーコーティングでプレーン形状のポリマーブレンド振動板を装備。さらに、アコースティックフリースには、空気の乱れと歪みを抑制する新たなフィルター技術を採用し、耳に刺さるようなピークを低減するという。

ドライバーは、IEシリーズや完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM」と同じ、7mm径のTrueResponseダイナミック型ドライバーを1基搭載。振動板はポリマーをブレンドした素材でプレーン形状を採用し、あえてコーティングは施していない。また高域をなめらかな聴き心地にするアコースティックフリースをノズルのトップに配置して、空気の乱れと歪みを抑制。

上位機種の「IE 300」と同じくレゾネーターチャンバーを1基搭載するが、現行のIEシリーズとは違い、イヤホン本体ではなくイヤーピースに搭載する。

ケーブルには、ブレードケーブル服や体に触れた際のタッチノイズを抑制できるうえ、軽量で耐久性にもすぐれた「ブレードケーブル」を採用する。

主な仕様は、ドライバーの型式がダイナミック・カナル型、インピーダンスが18Ω、周波数特性が6~20000Hz、感度が119dB(1kHz、1Vrms)。プラグ形状は3.5mmステレオミニプラグL型、イヤホン端子はMMCX(ゼンハイザー独自形状)。ケーブル長は120cm(Y型)。

重量は約4g(本体片側、ケーブル除く)。イヤーピースセット(標準シリコンS/M/L 、フォームS/M/L)、収納用ポーチが付属。カラーはブラックを用意する。

店頭予想価格は23,760円。

Follow me!