Float Run

ソニーは、 耳の前にスピーカーが浮くユニークなデザインのオフイヤーヘッドホン【Float Run(フロートラン)】を、2月3日に発売する。

耳の中に何も入れない快適な装着感と高音質を実現しており、ランニング等のスポーツ時やながら聴きなどに使用するスタイルのヘッドホン。耳をふさがない構造のヘッドホンのため、周囲の音を自然に聞きながら、音楽などのエンタテインメントを楽しめる。耳の前に浮いたスピーカーから音が流れるため圧迫感や振動がなく、違和感や疲れの少ない音楽視聴が可能。

イヤーハンガーを含めた本体設計に、耳や頭部などの多様な身体データを活用。これにより、さまざまな頭の大きさや形に合うデザインを実現し、長時間の使用でも快適に装着することができる。また、側頭部との接触面を大きくし、柔軟なバンドを使用することで、頭にかかる圧力が分散されて圧迫感を低減。

さらに、電池や基板などの電気部品を耳の後ろ側に配置することで、重心の位置を調整。装着時には、イヤーハンガーが柔軟に頭の傾斜に沿うため、激しく動いても安定して装着できるとのこと。

直径16mm大口径ダイナミック型ドライバーユニットを採用。ダイナミック型ならではの広ダイナミックレンジ、広帯域再生能力を生かし、厚みのある低音域から透明感ある高音域までバランスよく、クリアな音質を楽しめるとする。

そのほか、突然の雨や運動中の汗からヘッドホンを守るIPX4相当の防滴性能、装着しているストレスを感じづらい軽量設計、ランニング等のスポーツ時に触れても誤作動を起こしづらいボタン操作、ネックバンドの装着位置が低めに設計されており、髪型、帽子、サングラスなどに影響しにくい構造などを採用。

Bluetooth 5.0に準拠で、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックはSBC、AACをサポートする。電池持続時間(連続音声再生時間)は最大10時間で、充電時間は約3時間。

重量は33g。ボディカラーはブラック。

店頭予想価格は20,000円前後。

ヘッドホン部 
型式オープンエアダイナミック
ドライバーユニット16 mm
質量 33 g
ヘッドホン部(その他)
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間(フル充電)
充電方法USB type-C
電池持続時間(連続音声再生時間)最大10時間
電池持続時間(連続通話時間)最大10時間
電池持続時間(待受時間)最大200時間
付属品
USBケーブルUSB type-C (約20cm)
キャリングポーチ
保証書
取扱説明書
Bluetooth
通信方式Version5.0
出力Bluetooth power class1
最大通信距離見通し 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式FHSS
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC

Follow me!