YH-E700B

ヤマハは、上質な音とスタイルで、場所や時間を選ぶことなく音楽に深く没入して楽しむことができるワイヤレスBluetoothヘッドホン【YH-E700B】を、2月3日に発売する。

楽器メーカーならではのこだわりのハウジング設計をはじめ、独自の「リスニングオプティマイザー」や「リスニングケア(アドバンスド)」機能など、ヤマハのアコースティック技術とエレクトロニクス技術を融合することによってアーティストの演奏を目の前で聴いているような音楽体験を味わうことのできる音(TRUE SOUND)を追求したワイヤレスヘッドホン。

ドライバーユニットには、複数素材で構成された2層のフィルムを張り合わせることで最適な剛性と柔軟性を兼ね備えた低歪みの振動板を採用。また筐体設計においては、クッション材を使用してパーツ同士を結合することで内部パーツの共振によって生じる不要な音を抑えた。さらにヤマハならではのアコースティックチューニング技術を活かし、ドライバーユニット背面の空気の流れを最適にコントロールすることで低域や高域の音の干渉を整え、ドライバーユニットが持つ音色を最大限引き出し、楽器や各音の位置や作品の空気感まで感じられる音を再現。

音質に大きな影響を及ぼす装着性にもこだわり、イヤーパッドはコンパクトながら耳にしっかりフィットする楕円形状としたうえ、ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高め豊かな低域再生を実現した。さらに素材には、肌触りのよい合成レザーを採用。またヘッドバンドの形状も、より人の頭の形にフィットするタマゴ型にすることで、ハウジングの下部が浮くことで生まれる耳の下からの音漏れを抑える。

独自機能の「リスニングオプティマイザー」も投入。ハウジング内部に搭載したインマイクを使って実際に耳の中で鳴っている音の伝達特性を測定し、リファレンスとする伝達特性と比較。違いがある場合には、リアルタイムにヘッドホン左右それぞれの音を理想的な周波数特性に自動補正することで、常に理想の音で音楽を聴くことが可能とする。

さらに、小音量時でも低域と高域が痩せないように補正する「リスニングケア(アドバンスド)」機能も備えている。

アドバンスドANC(アクティブノイズキャンセリング)機能も搭載。通常のANCは、ノイズを低減する時に、オーディオ信号まで削ってしまうが、アドバンスドANCではエコー信号を除去するフィルターを入れる事で、ノイズだけを綺麗に消せるという。

外の音をマイクで拾って聴こえるようにする、アンビエントサウンド機能も搭載。取り込んだ音がより自然に聴こえるよう、工夫しているという。

安定接続のために、Qualcomm TrueWireless Mirroring技術を投入。ゲーム利用時に遅延を抑えるゲーミングモードも用意。アプリの「Headphone Control」を使うと、ユーザーイコライザーも利用できる。

デザインは、同じEシリーズとして、完全ワイヤレスのTW-E7Bとの一貫性があるものになっており、エレメンタリズムや、奇抜に見えて機能的なデザインを採用。特徴的なハウジング上の棒状ハンガーには、ヘッドフォンを装着する時に、ハウジングをつかむと、自然と人差し指がこのハンガーに沿うように設計されており、装着時の定位置を探るためのインジケーターにもなるという。

Bluetooth 5.2に準拠で、コーデックはSBC、AAC、aptX Adaptiveに対応。再生時間はリスニングケアON、リスニングオプティマイザー OFF時で最大32時間。ANCとリスニングケアがONの状態で約30時間。ステレオミニケーブルでの有線接続にも対応する。

重量は335g。カラーはブラック、ベージュ。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は44,000円前後。

型式密閉ダイナミック型 オーバーイヤー
ドライバー口径40mm
再生周波数帯域8Hz~20kHz(ライン入力時)
Bluetoothバージョン:5.2
対応コーデック:SBC、AAC、Qualcomm aptX Adaptive/Voice
無線出力:Class 2
登録可能機器数:最大7台
充電充電時間(フル充電):本体 3.5時間
再生可能時間:最大32時間(アドバンスドANCオン時:最大30時間)
連続通話時間:最大28時間
質量335g
付属品USB給電ケーブル、航空機用アダプター、3.5mmステレオミニプラグケーブル、キャリングケース

Follow me!