アプレシア コントロール 0.8L (KO7201JP/KO7208JP)

8段階の温度設定で湯を沸かせる電気ケトル【アプレシア コントロール 0.8L (KO7201JP/KO7208JP)】が、販売されました。

アプレシア コントロール 0.8L (KO7201JP/KO7208JP)

40/60/70/80/85/90/95/100℃の8段階の温度設定機能を搭載した電気ケトル。

電源プレートの「温度設定ボタン」を押して温度を設定するだけで、好みの湯温にできる。タッチパネル式の操作ボタンは、すべてデジタルディスプレイとなり、温度表示が大きく見やすく表示される。

最新モデルでは、蜂蜜の湯煎や白湯などに最適な40℃の設定温度が、新たに追加されている。同社によれば、設定温度40℃は固まった蜂蜜を戻す際に、蜂蜜の風味や香りをそのまま保ちながら、ゆっくり溶かせるおすすめの温度だとする。

湯の温度を60分間キープできる保温機能を搭載。2杯目、3杯目を飲む際に再度、湯を沸かす必要がない。

そのほか湯量をコントロールしやすいスリムな注ぎ口、持ちやすく、注ぎやすいハンドルなど、使いやすい形状。ケトル側面の窓には、1杯140mlのカップ杯数の目盛りがあり、注水時に分かりやすい。湯沸し中であることが、ひと目でわかるパイロットランプや、安心の自動電源オフ機能(沸騰後しばらくすると自動でスイッチが切れる)、空焚き防止機能が搭載される。

開口部が広く中を洗いやすいほか、表面はシームレスでボタンとボタンの間のつなぎ目や段差がないため拭きやすく、清潔性が保ちやすいとする。

サイズは約170×220×210mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約1,100g。内容量は0.8L。コードの長さは約1.3m。定格消費電力は1,250W。電源は100V(50/60Hz)。本体カラーは、ホワイト(KO7201JP)とブラック(KO7208JP)の2色。

価格は12,898円。

Follow me!