SJ-X415H

冷蔵庫の新製品として、定格内容積412Lの5ドアモデル【SJ-X415H】、350Lの3ドアモデル【SJ-X355H】が、販売されました。

いずれも、幅60cmのスリムボディを採用した冷蔵庫。ペットボトルも出し入れしやすいローウエスト設計を採用し、高さ調節ができるドアポケットを装備。また、1つのドアが右にも左にも開く、同社独自の「どっちもドア」を採用した。

【SJ-X415H】は、「プラズマクラスター」を搭載。加えて、ドリップを抑えて一気に冷凍する「おいそぎ冷凍」にも対応。

【SJ-X415H】のハンドル・調節脚部カバーを含むサイズおよび重量は、600×698×1820mm(幅×奥行き×高さ)、88kg。カラーはシルバー系。

【SJ-X355H】のハンドル・調節脚部カバーを含むサイズおよび重量は、600×665×1690mm(幅×奥行き×高さ)、65kg。カラーはゴールド系。

なお、同じく冷蔵庫の新製品として、定格内容積412Lの5ドアモデル【SJ-G415H】(ピュアホワイト)も販売。「プラズマクラスター」を搭載し、扉開閉の頻度や長さを分析して動作する「プラズマクラスター集中シャワーモード」に対応する。

価格はいずれもオープンプライス。

Follow me!