サーモス 真空断熱チタンボトル (FJN-500T)

ステンレスよりも耐食性や強度の高いチタン製の【サーモス 真空断熱チタンボトル (FJN-500T)】が、販売されました。

14年ぶりの新製品となるチタン製魔法びん。チタンはステンレスよりも耐食性、耐熱性、強度が高く、金属比重がステンレスの約60%と軽量なのが特徴。硬度が高く加工が難しいことから家庭用製品に使われることが少なかったが、同社は1988年に世界で初めてチタン製魔法びんを発売した。強度と軽さから、登山家や冒険家から人気があったという。

新製品は、容量が従来品よりも20ml多い500mlながら、重さは約50g軽い約210gとした。コップタイプで、シンプルな構造のスクリューせんを採用した。注ぎ口は広口と細口の2種類で、コーヒーのドリップでは細口、すばやく注ぎたいときは広口と使い分けられる。本体下部にはロゴをレーザー刻印した。

サイズは65×65×235mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約210g。口径は約4cm。6時間の保温/保冷効力は69℃以上/10℃以下。カラーはチタングレー。

価格は14,300円。

Follow me!