Echo Show 15

Echo Showシリーズの新製品として15.6型フルHDパネルを採用した【Echo Show 15】を発表。壁掛けや専用スタンド(別売)設置し、縦向き、横向きどちらでも利用可能。発売日は未定。

【Echo Show 15】は、次世代型「Amazon AZ2」ニューラル・エッジ・プロセッサを搭載。好みにあわせてカスタマイズできるようにホーム画面が再設計され、ビジュアルID機能によって表示情報のパーソナライズも可能になるなど、様々な新しいAlexa機能を順次提供予定。米国から先行して提供されるが、日本でもEcho Show 15の予約販売開始後、 順次提供される予定だという。

Alexaのウィジェット機能により、ホーム画面をカスタマイズし、家族のスケジュールを見たり、やることリストやリマインダーをセット、レシピを探す事も可能。お気に入りの写真やアート作品をインテリアに合わせて全画面で表示し、必要な時に情報を表示、不要な時はフォトフレームに戻すといった使い方ができる。

ビジュアルID機能により、Alexaがユーザーを認識すると、その人に合わせて【Echo Show 15】に表示される情報をパーソナライズ可能。ユーザーがあらかじめビジュアルID機能に登録することで、【Echo Show 15】の前に立つと、ホーム画面が自動的に更新され、その人に合ったスケジュールやリマインダー、家族からのメモなどを表示できる。

ユーザーが利用中のデバイスや機能をよりシームレスに管理。よく使うスマートホームのウィジェット機能を使うと、タップするだけで、頻繁に利用する対応スマートホーム家電などを操作できる。

レシピを確認しながら、PinP(小画面)で子ども部屋に設置されたカメラを通じて、子様の様子を見守ることも可能。

付せん機能を利用すると、家族に夕食時間のメモや、犬の散歩のリマインダーを残せる。500万画素のカメラも搭載しているため、離れた場所にいる人とのビデオ通話や呼びかけにも使える。

Alexaに話しかけてPrime Videoで映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを再生する事も可能。音楽再生時には対応する楽曲であれば歌詞を表示。ニュースやポッドキャスト、ラジオ、オーディオブックも楽しめる。

他のEchoデバイスに接続してマルチルームミュージック機能を利用することもできる。フォトフレーム機能では、Amazon Photosのアルバムの写真や、アート、自然などAmazonが提供するコレクションを、フルスクリーンで表示する。

クアッドコアの拡張性あるアーキテクチャーを採用した機械学習(ML)推論エンジンである、次世代型「Amazon AZ2 ニューラル・エッジ・プロセッサ」を搭載。Amazonが独自設計したAZ2アーキテクチャーでは、従来、膨大なコンピュータ処理能力をクラウド上で行なうことを必要としていたCVアルゴリズムも、すべてデバイス上で処理できる。これにより、 前述のビジュアルIDの人物認識を、デバイス上でイメージ処理している。

サイズは402×35×252mm(幅×奥行き×高さ)。

価格は29,980円で販売予定。

Follow me!