NP-TSK1

業界最薄とする奥行き29cmの卓上型食器洗い乾燥機【NP-TSK1】が、販売されました。

食洗機は使いたいが、置き場所が理由でためらっている人向けに製品化した「スリム食洗機」。本体の奥行きは、2020年発売の上位モデルNP-TZ300の約34.4cmに対し、新しいNP-TSK1は約29cmまでコンパクト化した。幅はTZ300と同じ約55cm。ドア部分も改良し、水道の蛇口へ干渉しないことに配慮した機構となっている。約4人分の食器24点を一度に洗える。

設置を妨げるハードルにもなりやすいドア部分は、開閉時に蛇口にあたりにくく、シンク横に置きやすくした上下2ドア構成の「リフトアップオープンドア」。上のドアを持ち上げると下も同時に開き、上からの水滴を下ドアで受け止められる。庫内カゴを引き出したときは、下のドアがガイドとなり、食器を出し入れしやすくなっている。

内部は約4人分/24点の食器(大皿4点、小皿4点、汁椀4点、中鉢4点、茶碗4点、コップ4点とフォーク/スプーンなど)を収められる。可動式の上カゴで、シリコンカップやクッキー型などの小物も洗える。このカゴは2分割して片方にコップ、もう片方に小物を入れる使い方もできる。乳幼児用の食洗機対応ソフトスタイ(よだれかけ)を除菌洗浄できるスタイハンガーも新たに備えた。

まな板や包丁を収納できるスペースも用意。小物入れを外すと、直径26cmのフライパンや片手鍋などの調理道具を洗える。

約50℃以上の高圧水流で高い洗浄力を実現するという「ストリーム除菌洗浄」に対応。従来よりも庫内スペースは小さくなった一方で、洗浄力を維持するため、従来のレギュラーモデルと同等の高さ2mまで届く高圧水流と、食器1点1点へ多角的に水をあてる噴射口を採用した。なお、上位モデルNP-TZ300とは異なり、ナノイーXによるニオイ抑制や除菌には対応しない。

隅々まで水流が届くように、噴射口数はレギュラーモデルの21に対し、新モデルは23に強化。さらに噴射角度も緻密にシミュレーションして高い洗浄力を確立したという。節水性にも配慮しており、手洗いでは1回分で使用水量約51Lに対し、食洗機では約8Lに抑えられるとしている(汚れレベル2でエコナビ運転OFFの場合)。

庫内容量は36Lで、使用水量は約8L(汚れレベル2)。消費電力は最大1,165W/1,185W(50/60Hz)。

サイズは550×290×500mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約16kg。カラーはホワイトとスチールグレーの2色を用意する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は71,000円前後(工事費別)。

Follow me!