炊きたて JPA-X100

遠赤5層厚釜により熱をムラなく均一に広げて、米の一粒一粒までふっくら炊きあげる5.5合炊きの炊飯器【炊きたて JPA-X100】が、販売されました。

ジャー炊飯器にIoT機能を搭載し、米の銘柄やその状態に合わせた炊飯プログラムをクラウド上に用意。購入した米に合わせた炊き分けができるのが大きな特徴。累計総出荷台数約7,000万台に及ぶ、炊きたてシリーズの熱制御コントロール技術とIoT技術を組み合わせて開発し、「家事のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する」という。

炊飯器とアプリ「TIGER HOME」が連携。AI分析によってクラウド上で米の残量を計測し、残量が少なくなるとアプリ上で米の残量を知らせて購入を促す。アプリから米を再注文もでき、コロナ禍で外出や買い物を控える人も便利に使えるという。

釜の外側には「土鍋蓄熱コート」を施し、土鍋素材のコーティングに加え、中空ガラスビーズを練り込み、蓄熱性をアップ。釜の内側は「遠赤土鍋コーティング」により土鍋のような細やかな泡立ちを実現するという。

大小2つの圧力ボールを制御し、ねばりを引き出す「可変W圧力炊き」に対応。炊きあげ時に約1.25気圧の圧力をかけて、ねばりともちもちした弾力を引き出す。炊きあげ後は約1.05気圧まで減圧し、高温蒸らしにより、ごはん粒を炊きしめ、ベタつきを抑えて仕上げる。

すしやカレーに合う、ベタつきを抑えたしゃっきりとした食感のごはんを炊くときに適した「すし・カレー」メニューも備える。このほか茶碗1杯(0.5合)が最短約15分、1合が約17分で炊飯できる「少量高速」メニューや、冷凍用のごはんをおいしく炊くためのプログラムも用意。

サイズは約252×302×211mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約5.4kg。最大消費電力は1,200W。年間消費電力量は90.2kWh/年。1回当たりの炊飯時消費電力量は176Whで、保温時消費電力量は17.8Wh。カラーはクラッシックブラック。

価格はオープンプライスで、直販価格は55,000円。

Follow me!