JD-ATM1C/CL

デジタルコードレス電話機の新モデル【JD-ATM1C/CL】が、販売されました。

ラインアップは、てもたん1台付属の【JD-ATM1C】と、てもたんおよび子機各1台付属の【JD-ATM1CL】。

「防犯対策に役立つ」とうたう、“てぶらスピーカーホン”の新スタイル子機を採用したデジタルコードレス電話機。「警察などによると、近年被害が広がる特殊詐欺は、受話器を通して耳元で会話すると、詐欺被害にあうリスクが高いいっぽう、スピーカーを通じて相手の声を聞いた場合、冷静に応対できる事例が多い」という。

そこで同機は、手に持たずにスピーカー状態で通話が可能な新スタイル子機「てもたん」を採用。不審な電話がかかってきた際、通話相手の声を「てもたん」で聞くことで、冷静に応対できることが期待できるとのこと。

また、電話の発信・着信は音声操作が可能。家事や仕事の手を止めずに「ながら電話」ができるほか、スピーカーホン通話機能を使用することで、「てもたん」を数人で囲みながら、友人や離れて暮らす家族と通話できる。

このほか、電話が鳴る前に警告する「自動着信前警告」と、通話の前に相手を確認できる「自動聞いてから応答」の2重の防犯対策機能および、電話をかけてきた相手が安全かをランプの色で知らせる「あんしんフラッシュランプ」(ナンバー・ディスプレイ契約が必要)など、詐欺・迷惑電話対策機能を搭載する。

サイズは、親機が168×220×80mm(幅×奥行き×高さ、コードレス受話器含む)、重量が約600g(コードレス受話器含む/ACアダプター含まず)。子機が48×28×179mm(幅×奥行き×高さ)、重量が約148g(充電池含む)。「てもたん」が89×86×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量が約140g(充電池含む)。

カラーはいずれもホワイト。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は順に28,000円前後、38,000円前後。

Follow me!