ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説

任天堂は、ゲーム4タイトルを収録した【ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説】を販売しました。

1980年に発売された任天堂初の携帯ゲーム機シリーズ「ゲーム&ウオッチ」より、「ゼルダの伝説」バージョンが登場。「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」に続く、復刻版の第2弾として展開。

「ゼルダの伝説」シリーズの収録タイトルは、「ゼルダの伝説」(1986年/ファミリーコンピュータ ディスクシステム)、「リンクの冒険」(1987年/ファミリーコンピュータ ディスクシステム)、「ゼルダの伝説 夢をみる島」(1993年/ゲームボーイ)。「ゼルダの伝説」と「リンクの冒険」は、日本語版と英語版。「ゼルダの伝説 夢をみる島」は、日本語版、英語版、ドイツ語版、フランス語版をそれぞれ収録しています。加えて、「ゲーム&ウオッチ」の「バーミン」も収録した。

このほか、「ゼルダの伝説」をモチーフにした「ゼルダ時計」、および「リンクの冒険」をモチーフにした「タイマー」を搭載。いずれも、リンクを操作して遊べるのが特徴。

主な仕様は、表示部が2.36型フルカラー液晶。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、約3時間の充電で、約8時間のゲームプレイおよび時計表示が可能。充電用のUSB Type-C端子を装備する。パッケージの内箱に本体をセットすると、時計のように飾って楽しめるとのこと。

本体サイズは112(幅)×67(高さ)×12.5(奥行)mm、重量は約68g。

価格は5,480円。

(C)Nintendo

Follow me!