ビーズは、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、ソファのような見た目と座り心地を実現したゲーミングチェアの第2弾モデル【ゲーミングソファチェア2 (G-370/G-370PU)】、および【ゲーミングソファ座椅子2 (GX-370/GX-370PU)】を販売しました。

初代モデルは発売後即完売し、再入荷分も予約で在庫が尽きるといった大ヒット製品となったが、第2弾モデルでは初代から寄せられたユーザーの声を反映し、9つの仕様を改良しつつ値下げを行なった。

座り心地の改善点としては、座面はモールドウレタンとなり、従来の1枚からの切り出し加工のものと比較して耐久性を向上。トップの綿量を2倍とし、ポケットコイルのバネ感を抑えることでふんわりとしたやさしい座り心地となった。さらにランバーサポートとして使えるビッグクッションを付属した。

アームレストは従来から4cm高くなるようにし、上下昇降に加え前後スライドもサポートしたことで、より細かな位置調整を可能とした。

また、小柄な人や女性でも座りやすいよう、座面高を43~49cmと従来から3cm低くし、推奨身長を154~181cmとした。最大150度まで深く倒せるリクライニング機構(従来から+15度、座椅子モデルは180度)、背もたれの収納ポケット追加、ファブリック素材に加えPUレザータイプの追加などを行なった。

【ゲーミングソファチェア2 (G-370/G-370PU)】のサイズは約695×700~1220×1120~1180mm(幅×奥行き×高さ)、座部高が約430~490mm(推奨身長154~181cm)、リクライニング角度が最大150度。

【ゲーミングソファ座椅子2 (GX-370/GX-370PU)】のサイズは約695×635~1245×270~905mm(幅×奥行き×高さ)、座部高が215mm、リクライニング角度が最大180度。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万4,500円前後。

Follow me!