Bifrost 160

LittleGiantは、台湾DEZCTOP製の多機能デスク【Bifrost 160 (DK-BFT160)】および【Bifrost 120 (DK-BFT120)】、そしてその関連アクセサリの販売を開始した。

はデスク後部に大型のマウントパネル「D-Board」を装備し、専用のディスプレイマウントを使用することで、スッキリかつ省スペースにディスプレイを設置できる。通常のスタンド設置と比較して奥行きを100mmほど広く活用できる。1枚あたりのD-Boardのサイズは36×1×58cm(幅×奥行き×高さ)。

対応ディスプレイは100mmピッチもしくは75mmピッチのVESAマウントホールを備えたモデルで、最大32型まで対応できる。【Bifrost 160】は幅160cmで、27型ディスプレイを2台まで設置可能。【Bifrost 120】は幅120cmで1台の設置を想定している。D-Boardの耐荷重は1枚あたり10kgで、160には4枚、120には3枚付属する。

ディスプレイマウント【DA-DBMONT-BK1】は別売り。20度のスイベルや下15度のチルト、90度のピボットが可能。取り付けはクイックマウントフックを用いて、D-Boardに引っ掛けるだけで設置できる。耐荷重は7kg。

デスクはいずれも天板後部にケーブルを収納できるスペースを用意しており、開閉式のフタを搭載。奥行きは13.3cm確保し、【Bifrost 160】で容積19L、【Bifrost 120】で容量12.5Lを確保。複数の電源タップやケーブルを隠しておくことができ、作業スペースを確保できる。 

耐荷重は150kg(均等分散)、机脚の高さは71cm。

価格はオープンプライス。

このほか、D-BoardにはBifrostシリーズデスク用ヘッドセットホルダー【DA-HDSTHR-BK1】、Bifrostシリーズデスク用 Nintendo Switch対応Dボードホルダー【DA-DBNSHR-BK1】、Bifrostシリーズデスク用Dボードフック【DA-DBHOOK-BK1】、Bifrostシリーズデスク用Dボードコンテナ【DA-DBCNTR-BK1】を装着可能。天板に取り付けられるBifrostシリーズデスク用カップホルダー【DA-CUPSHR-BK1】も用意される。

Follow me!