低温コンベクションオーブン (TSF61A)

ジップロックのまま低温調理を行うことができる1台6役の低温コンベクションオーブン【TSF61A】が、販売されました。

トーストとオーブンのほか、低温調理、フードドライ、ノンフライ調理、発酵調理ができる1台6役のマルチオーブン。新モード「上火グリル」を搭載し、上火で加熱することでアレンジトーストやピザ、グラタンなどをキレイな焦げ目とともに焼き上げるという。

低温コンベクションオーブン (TSF61A)

低温調理機能では、旭化成ホームプロダクツ製のジッパー付きバッグ「ジップロック」公認製品となっており、「ジップロック」に入れたまま調理できる。これにより、下味をつけてそのまま低温調理したり、低温調理後にストック食材としてそのまま冷凍したり、食べきり分量のヨーグルトを作ったりと、幅広い使い方ができるようになった。

主な仕様は、消費電力が1200W、温度調節は35~230度(20段階)で、低温が35/40/45/50/55/60/65/70/80/90度、高温が100/120/140/160/180/190/200/210/220/230度、タイマーは高温(デジタル)が30秒~60分、低温が5分~12時間、トースト・上火グリルが30秒~15分。

サイズは345×410×240mm(幅×奥行き×高さ)、重量が4.7kg。カラーがスレートグレー。天板、焼き網、あし付き網、レシピブックが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16,500円。

Follow me!