MORDEN

関家具は、日本製にこだわったオリジナル家具の「NIPPONAIRE」ブランドより、テレビを掛けるローボード【MORDEN(モーデン)】シリーズを発売した。ラインアップは、幅1800mmモデル【180TV】、幅2000mmモデル【200TV】を用意。

壁に穴や金具を取り付けることなく、テレビの壁掛けスタイルを可能にしたローボード。壁掛けのパネル部分には、アクセントウォールのようなデザインの石目調メラミン化粧板を採用。テレビ本体が浮いているように見せるため、台輪部分の形状にもこだわったとのこと。

MORDEN
MORDEN

また、パネル部分には配線孔を設け、背面へ配線ができる。左側のフラップ扉には突板ガラスを採用し、扉を閉じた状態でもリモコン操作が可能だ。側面には切り欠きを備え、壁にピッタリと付けられるという。

付属する取り付け金具は、チルトタイプを採用。ブラケットの主な仕様は、耐荷重が35kg、対応サイズが32~65V型、可動角度が下方向12度。VESA規格は200×200~400×400に対応。

サイズは、【180TV】が1,800×335×890mm(幅×奥行き×高さ)、【200TV】が2,000×335×890mm(幅×奥行き×高さ)。カラーはそれぞれ、ウォールナット、ホワイトオークを用意する。

Follow me!