保冷炭酸飲料ボトル (FJK-500/750)

炭酸飲料対応の保冷ボトル【保冷炭酸飲料ボトル (FJK-500/750)】が、販売されました。容量0.5Lの【FJK-500】、0.75Lの【FJK-750】がラインアップ。

炭酸飲料やビールなどを入れて、炭酸や冷たさを保ちながら持ち運んで飲めるボトル。同社の炭酸対応保冷ボトルは、2000年に発売した「真空断熱イージーキャップボトル(FDD-500)」(2004年まで販売)以来となり、近年の炭酸水への注目などを受けて、再び製品化された。

同社製を含む保冷ボトルの多くは、炭酸飲料を入れるとフタが開かなくなったり開けた時に飛んでしまうといったリスクがあるため、基本は炭酸禁止とされている。

今回、炭酸飲料に対応した新構造のフタは、スープジャーのフタを開けやすくする同社の「クリックオープン構造」を応用。せん本体に設けた圧力開放穴が、開栓時と内圧が高まった時に圧力を逃がす。

保冷炭酸飲料ボトル (FJK-500/750)

フタを少し回すと、シュッと音がして圧力が抜け、さらに回すと開く2段階構造。開けやすく、炭酸を吹きこぼれにくくした。もし圧力開放穴が機能しなくなった場合でも、左右2カ所の溝から圧を逃がす2重の安心設計となっている。

容量はそれぞれ正確には0.53Lと0.77Lだが、炭酸飲料を入れる際は、それぞれ0.5Lまで、0.75Lまでを目安としている。保冷効力は、6時間で10℃以下。

手入れの際は、せんユニットを取り外した後パーツが分かれるため、すみずみまで洗える。ボトルの口径はいずれも3.6cm。飲み口は、口当たりの良さに配慮して金属の飲み口を採用。

サイズと重量は、0.5L【FJK-500】が6.5×6.5×24cm(幅×奥行き×高さ)、0.2kg。0.75L【FJK-750】が7.5×7.5×28cm(幅×奥行き×高さ)、0.3kg。カラーは、0.5L【FJK-500】がシルバー、レッド、ライトブルーの3色。0.75L【FJK-750】はシルバー、レッドの2色。

価格はオープンプライスで、直販価格は容量0.5Lの【FJK-500】が3,300円、0.75Lの【FJK-750】が3,850円。

Follow me!