RC-10/18VXT

東芝ライフスタイルは、真空圧力IHジャー炊飯器の高級モデル【VXTシリーズ】を6月上旬に発売する。約5.5合炊きの【RC-10VXT】と約1升炊きの【RC-18VXT】をラインアップ。

激しい熱対流でふっくら炊き上げるという真空圧力IH炊飯器。内釜形状を改良したことで、沸騰がより促進されるようになった。

内釜に「鍛造かまど備長炭釜」を採用。効率的に対流を起こし沸騰をさらに促進するために、釜底の中央部分を「膨らみ形状」に改良した。

1,420Wの大火力と多段階火力調節で、かまど炊きのおいしさを目指した。炊きから蒸らしまで細かく火力を調整し、甘味が増す温度帯をしっかりキープすることで米の芯まで熱が伝わり、米本来の旨みを引き出すという。

米の銘柄の特徴を活かして炊き分ける機能を搭載。「コシヒカリ/ひとめぼれ/ヒノヒカリ/あきたこまち/ななつぼし/ゆめぴりか/つや姫」の7銘柄に対応する。このほか、「本かまど」炊飯コースでは米の食感を「かため/しゃっきり/おすすめ/もちもち/やわらか」の5通りに炊き分けられる。

本体天面はフラットパネルで手入れがしやすい。フックボタンには抗菌加工を施し、清潔性を向上した。またキーロック機能も備え、安心して使用できるという。

約5.5合炊き【RC-10VXT】のサイズは269×330×226mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約5.7kg。

約1升炊き【RC-18VXT】のサイズは300×364×264mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約7kg。

いずれも電源コード長は1m。自立式しゃもじ、計量カップが付属する。カラーはグランブラック、ホワイトの2色。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は【RC-10VXT】74,000円前後、【RC-18VXT】が77,000円前後。

また、炊き分け機能が5銘柄の【VSTシリーズ】も6月上旬に発売。約5.5合炊き【RC-10VST】と約1升炊き【RC-18VST】をラインアップ。

1420Wの大火力と、多段階火力調節によりふっくら炊き上げると謳う。「コシヒカリ/ひとめぼれ/ヒノヒカリ/あきたこまち/ななつぼし」の5銘柄を炊き分けられる。

内釜は「鍛造かまど銅釜」で、「膨らみ形状」は採用していない。厚さ5mmで丸底60度の釜底により「かまどのような強い熱対流」を実現。

約5.5合炊き【RC-10VST】のサイズは269×330×226mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約5.4kg。

約1升炊き【RC-18VST】のサイズは300×364×264mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.7kg。

カラーはグランブラック、ホワイトの2色。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、【RC-10VST】が50,000円前後、【RC-18VST】が53,000円前後。

Follow me!