SwitchBot ロボット掃除機S1/S1 Plus

レーザーンサー高精度マッピング機能を搭載したロボット掃除機【SwitchBot ロボット掃除機S1】と自動ゴミ収集ベースをセットにした上位版【SwitchBot ロボット掃除機S1 Plus】を6月6日よりamazon.co.jpにて予約を開始し、7月20日に発売する。なお、SwitchBot公式サイト、家電量販店でも順次発売する予定。

SwitchBot ロボット掃除機S1/S1 Plus
SwitchBot ロボット掃除機S1/S1 Plus
SwitchBot ロボット掃除機S1/S1 Plus

いずれも、AIレベルの正確なマップ構築技術を備えたLDSレーザーセンサーを採用したのが特徴。SLAMアルゴリズムによる高精度マッピング機能を搭載しており、高精度レーザーが室内形状を検知することで、掃除エリアをパターン分けし、隅々まで効率よくカバーできる。

また、経路計画や立入禁止エリアを設定することが可能で、壁際のゴミも取り逃がさないという。1回の掃除で間取りを自動認識するほか、マルチフロア管理にも対応しており、一戸建てにも適している。

さらに、段差センサー、フロアトラッキングセンサーなど21種類のセンサーを搭載。部屋の形状や段差などを毎秒2080ポイントのスピードで徹底的に検知する。

掃除モードは「水拭き」「清掃」「清掃+水拭き」の3種類。吸引作業と一緒に水拭きも行うことで、目に見えない床の汚れもワンステップで取り除けるという。

バッテリー容量/駆動時間は、【S1】が3200mAh/140分間、【S1 Plus】が5000mAh/250分間。ダストボックス容量/水タンク容量は、【S1】が360ml/340ml、【S1 Plus】が350ml/300ml。

サイズは共通で、340×340×95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.06kg。

なお、【S1 Plus】には、自動ゴミ収集ベースが付属する。

価格は、【S1】が39,800円、【S1 Plus】が69,800円。

S1S1 Plus
マッピング/走行方式LDSレーザーLDSレーザー
リアルタイムマッピング
暗い部屋での掃除
吸引力最大 2,700Pa最大 2,700Pa
水拭き対応
最長稼働時間・面積140分間 (2~3LDK/140㎡)250分間 (3~5LDK/250㎡)
自動充電・自動再開 
落下防止
乗り越え可能な段差2CM2CM
本体高さ(ベッド、ソファー等の下にも清掃可能)9.5cm9.5cm
カーペット認識&加圧
自動ゴミ収集ベース容量4L
ダストボックスの容量360ml350ml
ゴミ捨て頻度の目安2日/回70日/回
吸引力の設定(4段階) 
水拭きの強度設定(3段階) 
水タンク容量340ml300ml
ダストボックス・フィルターの水洗い
お手入れ簡単メインブラシ 
「SwitchBot」アプリ操作
2.4Ghz Wi-Fi対応 
遠隔操作
サードパーティ|スマートスピーカー対応 
Amazon Alexa | Google Home | Siri Shortcuts | LINE Clova | IFTTT
スケジュール清掃
カスタマイズ清掃計画
(清掃モード・回数・順番)
部屋指定掃除
エリア指定清掃
バーチャルウォール
進入禁止エリア
水拭き禁止エリア
掃除ルートのリアルタイム表示
掃除する部屋の順番設定
マルチフロアのマップ保存 
マップの分割・統合
リモコンモード
清掃レポート
消耗品交換目安の確認 
デバイス共有
音声案内キャラ選択
音声案内の音量調整
音声案内のお休み期間調整
ファームウェアの更新
パッケージ内容メインユニット
充電ステーション
ACアダプター
サイドブラシ×2
モップ取付ブラケット
モップ
小型メンテナンスツール
防水シート
取扱説明書
メインユニット
自動ゴミ収集ベース
ACアダプター
サイドブラシ×2
モップ取付ブラケット
モップ
ダストバッグ×3
小型メンテナンスツール
防水シート
 取扱説明書
本体電源方式充電式リチウムバッテリー充電式リチウムバッテリー
電源入力: AC100V 50/60Hz入力: AC100V 50/60Hz
サイズメインユニット: 3.4*3.4*9.5cmメインユニット: 3.4*3.4*9.5cm
自動ゴミ収集ベース: 22*18*38cm
重量メインユニット: 約3.06kgメインユニット: 約3.06kg
自動ゴミ収集ベース: 3.65kg

Follow me!