Beijing Roborock Technologyは、ロボット掃除機「Roborock」シリーズ新製品として、ミドルクラスモデルの【Roborock Q7 Max+】【Roborock Q7 Max】を、8月11日から全国のヤマダデンキ店舗やヤマダウェブコムで発売する。なお、Roborock Japanダイレクトでも近日発売予定。

4,200Paの吸引力と水拭き機能、高精度レーザーセンサーを備えた「Roborock」シリーズの中位モデル。本体の機能は2製品で同じだが、【Roborock Q7 Max+】は自動ゴミ収集ドックが付属し、【Roborock Q7 Max】は自動ゴミ収集ドックが付属しない。

毎分300回転するLDSレーザーセンサーで部屋をマッピングしながら、効率的なルートで掃除を進められる。このほか14種20個のセンサーが連携し、家具や障害物の検知に加え、段差からの落下や家具への挟まりも回避する。

専用アプリでは、掃除ルートをリアルタイムで確認できるほか、進入禁止エリア・掃除したいエリアの設定、掃除する部屋の順番設定、部屋ごとの掃除モード設定などが可能。また、水拭き機能では、30段階の水量調節をアプリから行える。

【Roborock Q7 Max+】に付属する自動ゴミ収集ドックは、2.5リットルの紙パック式で60日分のゴミを収集。内部にフィルターを備え、0.3μmまでの微粒子を99.7%吸引し、排気を清浄化する。本体用エアフィルター、モップクロス、ダストボックスは水洗いが可能。

サイズと重量は35.3×9.65cm(直径×高さ)、約3.7kg。ドック部は30.5×44.0×42.4cm(幅×奥行き×高さ)、約4.4kg。

カラーは2製品ともブラックとホワイトの2色を用意。

店頭予想価格は、【Roborock Q7 Max+】が131,780円、【Roborock Q7 Max】が98,780円。

Follow me!