コアヒート (DH-1222R)

コロナは、遠赤外線電気暖房機「コアヒート」の2022年モデルとして、【DH-1222R】を8月下旬より発売する。

耐久性の高いヒーター管に独自の高輻射ブラックセラミックコーティングを施した電気暖房機。「体に吸収されやすい、波長域3~20ミクロンの遠赤外線を多く放出する」として、「遠赤外線は、人体に当たると皮膚の表面付近から熱として吸収される性質を持つため、身体の芯まで温まる」という。なお、同モデルが放出する遠赤外線のふく射熱は、1.8m先の距離のものまで届くとのこと。

温度設定は温度調節つまみから11段階(1~10+H)で調節できる。運転停止から再運転されるまでの時間を計測し、ヒーターが冷えている時は温度調節つまみの設定よりも高出力で立ち上げる急速運転機能を搭載。

操作性では、縦でも横でも使えるフレキシブル設計を採用。さらに左右にスイングする首振り機能を搭載し、30度/50度/70度の3段階で可動域を調節可能とした。

このほか、省エネ機能では、人がいないことを検知すると自動で出力を下げて運転する「省エネセンサー」と、体感温度が保たれるようにしつつ定期的にパワーをセーブする「ゆらぎ運転」を装備する。

このほか、チャイルドロックや6時間タイマーの消し忘れ防止ボタン、0.5/1/2/3時間の切タイマーボタンなどを搭載する。

主な仕様は、電源が100V(50/60Hz)、消費電力が通常運転時1150~330W、ゆらぎ運転時820~200W。

サイズは343×293×718mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.3kg、コード長は2.4m。カラーはホワイトを用意。

価格はオープンプライス、店頭予想価格は39,380円前後。

また、2022年モデルのスリムタイプ【コアヒートスリム (DH-922R)】とスリムタイプのカーボンヒーター【スリムカーボン (DH-C922)】も発売する。

【コアヒートスリム (DH-922R)】のサイズは306×306×897mm(幅×奥行き×高さ)、重さは3.7kg。電源はAC100V。消費電力は通常運転が340~900W、ecoモード運転が115~690W、待機時が0.7W。コードの長さは1.9m。

【スリムカーボン (DH-C922)】のサイズは306×306×897mm(幅×奥行き×高さ)、重さは3.4kg。電源はAC100V。消費電力は350~900W、待機時が0.9W。コードの長さは1.9m。

いずれも価格はオープンプライスで、店頭予想価格は【コアヒートスリム (DH-922R)】が26,180円前後、【スリムカーボン (DH-C922)】が19,580円前後。

Follow me!