HOMESTAR granity

セガトイズは、「ホームスター」シリーズ初の“インターネット接続型”家庭用プラネタリウム【HOMESTAR granity(ホームスター グラニティ)】を9月8日に発売する。

ホームスターシリーズでは従来から光学式(レンズ式)の投影機能を備えているが、同シリーズの“最高峰”と位置づける【HOMESTAR granity】では新たに、プロジェクターによるデジタル映像の投影機能を搭載。多くのプラネタリウム施設で採用されているものと同様に、光学式とデジタル式を組み合わせたハイブリッド投影を行えるよう機能強化した。

iOS向けの専用の動画配信アプリを用意し、プラネタリウム施設で上映された作品を中心に、初回44作品を配信。自宅の天井に映像と星を映し出して楽しめ、「プラネタリウム施設さながらの体験を自宅で堪能できる」とする。映像再生には【HOMESTAR granity】本体が必要。アプリはiOS/iPadOS 14以上を搭載したiPhone/iPadで動作する。

映像コンテンツは基本無料だが、44作品のうち2作品は有料レンタル作品(各610円、1週間見放題)となる。コンテンツは今後も随時追加予定とのこと。

航空宇宙機の開発を手がけるSPACE WALKER監修のもと、m-flo ☆Taku Tkahashi氏による楽曲を使った“2030年代の宇宙旅行”を疑似体験できる、期間限定配信の映像コンテンツ「SPACE CRAFT granity」を収録。

日本の星空(天の川)を投影できる、約5cm径の専用恒星原板が付属し、星の数は約6万個。好きな四季に合わせて日時をセットして星を投影でき、さらにスマホアプリから電源オフ、恒星投影、日周運動(左/右切り替え)といった操作が行える。本体には光源として高輝度白色LEDを搭載している。投影サイズは、2mの距離で約2.2m(円形)。

プロジェクター部にはWVGA/854×480ドットのDMDパネルを搭載し、光源はRGB LED。映像の投写サイズは2mの距離で約3.9m×2.2m。アプリからプロジェクター機能のオン/オフや、音量/明るさ/コントラストの調整もできる。なお、本体は手動での垂直角度調整(0~90度)に対応する。

付属の専用ACアダプターで動作する。本体にはIEEE 802.11ac/b/g/n/a準拠の無線LAN機能(2.4GHz/5GHz)の通信機能を装備。2W×2chのスピーカーも内蔵する。タイマー機能(30分/60分/オフ)も装備。

サイズは205×205×238mm(幅×奥行き×高さ)。重さは1,700g。対象年齢は15歳以上。カラーは黒と白の2色。

価格は69,799円。

Follow me!