Canon/TRANSFORMERS オプティマスプライム R5

キヤノンのミラーレスカメラ「EOS R5」と、タカラトミーの変形ロボットキャラクター「トランスフォーマー」がコラボレーション。カメラからトランスフォーマーに完全変形するロボットトイ【Canon/TRANSFORMERS オプティマスプライム R5】【Canon/TRANSFORMERS ディセプティコンリフレクターR5】が、2023年2月25日に発売される。8月10日からタカラトミーモールで予約を受け付けている。なお、ディセプティコンリフレクターR5はタカラトミーモール限定での販売。

【Canon/TRANSFORMERS オプティマスプライム R5】では、トランスフォーマーの元となった小型フィギュア「ミクロマン」のなかで、腕時計・カメラなど身近なガジェットがロボットに変形する「ミクロチェンジ」シリーズの世界を実現。ディセプティコンリフレクターはテレビアニメ「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」に登場する、カメラからロボットに変形するキャラクター「リフレクター」を再現している。

変形前の「EOS R5モード」では、EOS R5を80%のサイズで再現。R5のロゴ、スイッチやカメラダイヤルの配置などデザインの細部までこだわっており、実際のカメラと同様にレンズを本体から取り外すこともできる。

ロボットモード時は、どちらも胸にレンズ部分を配置した象徴的なデザインになっており、腕と足部分は、それぞれオプティマスプライム、ディセプティコンリフレクターのオリジナルカラーを採用している。またオプティマスプライム R5の頭部分はカメラをモチーフとしたデザインとなっているほか、レンズシールド、リーダーの証であるマトリクス(リーダーに受け継がれる象徴的なアイテム)、ミニEOS R5が付属し、手に持たせることができる。

【Canon/TRANSFORMERS ディセプティコンリフレクターR5】では、クォンタムダイアル(次元移動デバイス)とミニサイズのリフレクターのオリジナルカメラモードが付属し、手に持たせることが可能。リフレクターのオリジナルカメラモードは、テレビアニメを再現し、3分割する仕様となっている。

どちらもロボットモード時のサイズは、200×170×105mm(縦×横×厚み)。

価格は各19,800円。

(C)TOMY

協力:キヤノン株式会社

Follow me!