コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO (SC-C251)

豆から挽くコーヒーを手軽に淹れられる【コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO (SC-C251)】が、10月15日に発売する。

挽く/蒸らす/淹れる工程に加え、豆と水の計量も自動で行なえる全自動コーヒーメーカー。刃の角度や形状を見直した、新たなコーン式ミルを搭載する。挽きムラを抑えた「こだわり挽き」により、雑味の少ないコーヒーを抽出できるという。挽き目は細挽きから粗挽きまで、無段階で調節が可能。なお、市販のコーヒー粉も使用できる。

抽出時の温度は、浅煎り豆におすすめの約94度の高温帯と、深煎り豆におすすめの約84度の低温帯の2種類から選択可能。豆に合わせた最適な温度で抽出することで、豆のおいしさを最大限引き出す。注湯は、シャワードリップを採用し、均一に湯がコーヒー豆に届いて雑味を抑えられるとしている。

豆と水の自動計量にも対応し、本体のホッパーには最大約200gの豆の保存が可能。保存性が高く、香りを逃さないという。付属のサーバーへの抽出は、最大でカップ6杯分まで行える。また、マグカップに直接抽出する「じかマグ」にも対応する。「じかマグ」の量は180ml固定となる。

ドリッパーとバスケットは一体型で、取り外して丸洗いが可能。衛生的に使用できるよう、シャッターが開き、ブラシで掃除したミル内部の粉を落とせる「ミルお手入れモード」などの機能を搭載した。

加えて、コーヒー抽出の際、サーバーの置き忘れがあってもコーヒーが本体からあふれ出さないよう、サーバー検出機能を搭載。さらに、給水タンク内の水交換のタイミングを知らせる「水かえサイン」も搭載した。

このほか、デカフェの豆をおいしく淹れるための「デカフェ専用コース」や、挽き目ごとの挽き量調節、ミル単独で使える「ミルのみモード」なども新たに搭載した。

主な仕様は、抽出方式がドリップ方式、付属サーバーへの抽出は最大カップ6杯分で、最大使用水量は830ml。タイマー予約機能および、30分の保温機能を搭載。

サイズは約16.6×27.3×42.1cm(幅×奥行き×高さ、サーバー含まず)、重量は約4.1kg(サーバー含む)。電源コードの長さは約1.2m。消費電力は750W。カラーはブラック、ライトグレーの2色を展開。なお、ライトグレーは、シロカ直販サイト限定カラーとなる。お手入れブラシが付属する。

店頭予想価格は30,000円前後。

Follow me!