遠赤軽量ヒーター かるポカ

シロカは、遠赤外線と輻射熱のWの熱効果で身体も部屋もあたためる【遠赤軽量ヒーター かるポカ】の2022年モデルを、9月17日に発売する。単体モデル【SN-M351」と、タオルハンガー・シューズハンガー付きモデル【SN-M371」がラインアップ。

身体の芯まであたためる遠赤外線と、お部屋をじんわりあたためる輻射熱のWの熱効果で、身体と部屋をあたためる、キャスター付きの縦型暖房器具。

2022年モデルでは、これまでホワイトのみだった本体色に、新たにブラックを追加。また、消費電力を抑えて運転する「節電モード」を搭載。

遠赤外線効果で身体を直接すばやくあたため、輻射熱でお部屋をじんわりとあたためる。対応畳数は10畳で、エアコンやファンヒーターのように風が出ないため埃などを舞い上げないほか、肌や喉が乾燥しにくく運転音も静かだとする。

運転モードは、設定温度と周囲温度の差によって暖房の強さを切り替える「温度モード」と、1,200W(強)/800W(中)/400W(弱)のいずれかを選択して連続運転する「パワーモード」の2つ。さらに、2022年モデルからは「節電モード」を新たに搭載。設定温度と周囲温度の差によって、ヒーター運転時の消費電力を、800W(中)/400W(弱)のいずれかで自動調節する。

このほか、運転開始と運転停止の両方を設定できるオンオフタイマー設定や、8時間の連続運転で自動的にオフになる自動電源オフ機能、30秒間の無操作でディスプレイを自動消灯する機能、チャイルドロック機能などを搭載している。

本体重量は約4.8kgの軽量設計。さらにキャスター付きで、使いたいときに使いたい場所へ、簡単に移動させることができる。

1時間あたりの電気代目安は400W 運転時で約12円、800W 運転時で約24円、1,200W 運転時で約37円(1kWhあたり31円で計算)。安全装置として自動電源遮断装置、過熱防止装置を内蔵する。

サイズは、脚を開いた状態で31×49×69cm(幅×奥行き×高さ)、脚を閉じた状態で9×60×69cm(幅×奥行き×高さ)。重さは約4.8kg。運転モードの切り替えや温度設定などは、側面にある画面付きの操作パネルで行えるが、離れた場所から操作できるリモコンも付属。

価格はオープンプライスでで、店頭予想価格は単体モデル【SN-M351】が23,000円前後、タオルハンガー・シューズハンガー付きモデル【SN-M371】が25,000円前後。

Follow me!