RS-SEH2922

トヨトミは、新シリーズ「SEASON STOVE(シーズンストーブ)」から、「AMERICAN DINER(アメリカンダイナー)」をテーマとした新デザインの石油ストーブ【反射形キャリングハンドルストーブ RS-SEH2922】と、【対流形ランタンストーブ RL-SE2522】を、9月9日に直販サイトで先行発売するほか、アウトドアショップなどにて順次発売予定。

新シリーズ「SEASON STOVE」の第1弾。毎年テーマが変わり、本体カラーやガラス・操作部に描かれるイラストのデザインが変わる1年限りの特別モデル。第1弾は、60~70年代の北アメリカ特有のハンバーガーやフライドポテトなどの料理をメインに提供するプレハブ式レストラン「AMERICAN DINER(アメリカンダイナー)」をテーマとしている。

ダイナーで提供されるハンバーガーやフライドポテトなどと相性の良い、ケチャップとマスタードをイメージしたカラーリングを採用した。

石油ストーブの炎の周りに設置される「ガラス外筒」には、ウェイトレスやハンバーガー、クラシックカーなど古き良きアメリカンダイナーをモチーフにした、9種類のイラストが描かれている。

操作部は、ウェイトレスが注文を走り書きしたようなフォントとグラフィックで表記。

収納や持ち運びに便利な、専用のストーブバッグを、それぞれ付属する。デザインは、ダイナーのウェイトレスのコスチュームをイメージ。襟付きの赤いストライプシャツに、ネーム、エプロンなどまで、60〜70年代のウェイトレスを再現している。インパクト抜群のストーブバッグに仕上げることで、製品だけでは表現しきれない「AMERICAN DINER」の世界観をより色濃く表現していますとしている。

、点火ツマミを回すだけで素早く点火を行える電子点火を採用。このほか、便利機能として、消火時の嫌なにおいの発生を抑える「ニオイセーブ消火」、強い衝撃を受けた時に自動で消火する「対震自動消火装置」を備えた。

反射形キャリングハンドルストーブ【RS-SEH2922】は、「ケチャップ」を思わせる鮮やかな「ケチャップレッド」カラーを採用した反射形石油ストーブ。

ストーブ芯を最後まで使いきれる「でるでる芯」や、タンクを倒しても灯油がこぼれにくい「こぼれま栓」などを装備し、使い勝手に配慮した。

サイズは312×356×460mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約7.5kg。暖房出力は2.44~2.87kWで、適用畳数はコンクリート(集合) 10畳、木造(戸建) 8畳まで。カラーは、ケチャップレッド。

対流形ランタンストーブ【RL-SE2522】は、「マスタード」を思わせる、鮮やかな「マスタードイエロー」カラーを採用した対流形石油ストーブ。

本体が倒れた場合でも灯油がこぼれにくい「二重タンク構造」を装備し、使い勝手に配慮した。

サイズは388×388× 485.7mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約6.2kg。暖房出力は1.25~2.5kWで、適用畳数はコンクリート(集合) 9畳、木造(戸建) 7畳まで。カラーは、マスタードイエロー。

価格は、【RS-SEH2922】が30,800円、【RL-SE2522】が45,000円。

Follow me!