ECAM29064B / ECAM29081TB

デロンギ・ジャパンは、全自動コーヒーマシン【デロンギ マグニフィカ イーヴォ全自動コーヒーマシン】2機種を、9月30日に発売する。

ラインアップは、4つのメニューをワンタッチで抽出できる【ECAM29064B】、6つのメニューをワンタッチで抽出できる【ECAM29081TB】。メニュー数やカラー以外の主な仕様は2モデル共通。

メニューは【ECAM29064B】がエスプレッソ、カフェ・ジャポーネ、カプチーノ、マイラテの4種類。【ECAM29081TB】がエスプレッソ、カフェ・ジャポーネ、カプチーノ、マイラテにスペシャルティとラテマキアートを加えた6種類。

いずれも、豆を挽いて淹れるまで1ボタンで操作できる、全自動コーヒーマシンのエントリーモデル。独自の自動ミルク泡立て技術「ラテクレマ システム」を搭載した。ミルクが最も甘くなるという60~65度の抽出温度と、ミルクの泡のおいしい黄金比率を実現しているという。

また、タッチパネル式のカラーダイレクトメニューアイコンを採用。コーヒー豆の量や抽出量、抽出温度を好みでカスタマイズできる。さらに、任意のミルク量で抽出できるカフェラテメニュー「マイラテ」を新搭載した。ミルク用コンテナに入れたミルクの量だけ使い切って抽出する。従来もミルクの量は好みで選べていたが、マイラテではより直感的に、入れたい分だけのミルクを注いで使える。コンテナに注がれたミルクの量は本体のセンサーで感知する。

豆を挽くグラインダーは、摩擦熱が発生しにくく均一に挽ける低速回転のコーン式。なお、市販のコーヒー粉も使用可能。

エスプレッソ抽出ユニット、トレイ、カス受けなどのパーツは取り外して洗える。電源オン/オフ時には自動で内部洗浄を行なう。

共通の仕様として、豆ホッパー容量が230g、ミルクコンテナ容量が225ml、水タンク容量が1.9L、ポンプ圧が15気圧(抽出時9気圧)。消費電力は1,450W。

サイズは240×445×360mm(幅×奥行き×高さ)、重量は10kg。電源コードの長さは2m。付属品はミルクコンテナ、計量スプーン、クリーニングブラシ、水硬度チェッカー、軟水化させるウォーターフィルター、除石灰剤など。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、メニュー数4種類の【ECAM29064B】が148,000円、6種類の【ECAM29081TB】が168,000円。

Follow me!