人感センサー付き セラミックファンヒーター ポカCUBE

約3.5m先まで温風が届く大風量と、約25dBという深夜の郊外と同じレベルの静音性を兼ね備えたセラミックファンヒーター【人感センサー付き セラミックファンヒーター ポカCUBE(キューブ)】2機種発が10月1日より販売する。ラインアップは、周辺温度を表示する機能とおまかせモードを備える【SH-CF151】、非搭載の【SH-CF131】。

本体側面の吸気口から空気を取り込んで前側から送風する「ふわビューンUZU(うず)」により、約3.5m先まで温風を届けるセラミックファンヒーター。本体背面に吸気口がないため、壁の近くでも使うことができる。

温風弱で運転した場合の運転音は約25dBと、深夜の郊外と同じレベルの静かさ。。送風のみの運転も可能なため、1年を通して活躍する。なお、メインの暖房器具として使う場合は、最大8畳までとしており、それより広い場合は補助暖房としての使用を推奨している。

運転パターンおすすめの
使用場所
はたらき
温風リビング
寝室や子供部屋
連続で温風運転。
「強/弱」で風量を設定。
温風
+人感センサー
キッチンや
仕事スペース
人を感知すると温風運転を開始。
人の動きがなくなると3分後に温風運転を停止。
送風リビング
寝室や子供部屋
連続で送風運転。
送風
+人感センサー
キッチンや
仕事スペース
人を感知すると自動で送風運転を開始。
人がいなくなると3分後に自動で送風運転を停止。
おまかせ
(SH-CF151のみ)
リビング
寝室や子供部屋
温度センサーにより、
室温22°Cになるまで自動で運転を開始。
室温が22°Cになると運転を停止。

本体前面には人感センサーを搭載し、人の動きを検知して運転・停止を切り替えるモードを用意。その場から離れると自動で運転を停止するため、消し忘れがなく節電にもつながるという。運転モードは【SH-CF151】が5種類(温風・温風+人感センサー・送風・送風+人感センサー・おまかせ)、【SH-CF131】がおまかせを除く4種類。

本体はコンパクトかつ、約2.5kgと軽量。さらにハンドル付きで持ち運びしやすく、あたたかさが欲しいところへ手軽に持ち運んで使うことができるため、脱衣所でのヒートショック対策にも役立つ。

傾きを検知して自動停止する転倒・振動検知機能や、異常な温度上昇を検知した場合に運転停止する異常過熱検知機能を搭載。温度表示機能とおまかせモード以外の仕様は共通。

ハンドル除くサイズは236×232×203mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約2.5kg。消費電力は1,200W。電源コード長は1.8m。リモコンが付属する。カラーはいずれもホワイト。

価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は、【SH-CF151】が15,000円前後、【SH-CF131】が14,000円前後。

製品名 人感センサー付き セラミックファンヒーター
ポカ CUBE
SH-CF131

人感センサー付き セラミックファンヒーター
ポカ CUBE
SH-CF151

電源 交流100V、50/60Hz
消費電力 1200W
本体重量(約) 2.5kg
コード長(約) 1.8m
外形寸法(約) 幅23.6cm × 奥行23.2cm × 高さ20.3cm
(ハンドル除く)
温度表示機能 なし あり
安全装置 転倒自動停止装置、過熱防止装置
セット内容 本体、リモコン(テスト電池付き)、取扱説明書(保証書)

Follow me!