UltimateHome 700 (EP72-46)

エレクトロラックス・ジャパンは、ファン付加湿空気清浄機【UltimateHome 700 (EP72-46)】を10月21日に発売する。

「空気清浄」「加湿」「送風ファン」3つの機能を兼ね備えた3in1モデル。送風ファンにより、部屋の隅々までキレイな空気と潤いを届けられるようにした。適用床面積は空気清浄が約27畳、加湿が約8畳/約13畳(木造和室/プレハブ洋室)。

花粉、ハウスダストやPM2.5などの微粒子を、メッシュフィルター、抗菌層、HEPAフィルター、活性炭フィルター、イオナイザーの5ステップで除去。細菌やカビ、ウイルスを99.99%取り除き、いやな臭いの脱臭まで行うという。空気清浄時の運転音は20.5~51.1dBで、睡眠時も邪魔をしないとのこと。

加湿方式は気化式を採用。気化式は熱を出さないため安全性が高く、子どもやペットが製品に触れてしまってもやけどの心配なく使える。40%/50%/60%から好みの湿度を設定できるマニュアルモードを備える。加湿空気清浄時の運転音は22.7~51.3dBと、書店の店内程度の大きさとしている。抗菌/防カビ仕様の加湿フィルターと細菌を99.99%抑制する「アンチ バクテリアカートリッジ」を搭載し、清潔性にも配慮した。

本体上部に送風ファンを搭載。可動式のフードを採用し、送風角度を6~90度の範囲で調節でき、さらにルーバーの向きを左右に調整できるため、届けたい場所に向けて送風することが可能。ファンの送風スピードは5段階設定。

コントロールパネルは無駄のないシンプルなデザインで、スイングボタンをタッチすればルーバーの動きや幅を調整することができる。

運転モードは、部屋の空気の状態を感知し自動で運転する「スマートモード」と、手動でコントロールする「マニュアルモード」の2種類。PM(Particle Matter)、TVOC、照度、湿度、温度を測るセンサーを搭載し、エアクオリティライトで部屋の空気の状態を段階別に4色(青/緑/オレンジ/赤)で知らせる。

スマートフォン専用アプリと連携することで、外出先からも部屋の状態を確認可能。温湿度やPM2.5などの数値のほか、フィルターの交換時期もチェックできる。電源のオン/オフといった遠隔操作やスケジュール設定にも対応する。

空間に溶け込む北欧デザインも特徴で、本体前面にはファブリック素材、側面のハンドルにはレザー調素材を採用する。このほか底部にキャスターを備え、本体を楽に移動させられる。

サイズは410×310×646mm(幅×奥行き×高さ)。重量は12.1kg。8畳の清浄時間は約10.4分。定格加湿能力は460ml/時。水タンク容量は3.6L。カラーはライトグレー(EP72-46GYA)とダークグレー(EP72-46DGA)の2色展開。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は99,000円前後。

Follow me!