おうちシェフ PRO L

シロカは、電気圧力鍋「おうちシェフ」シリーズに、6人分を1度に作れる大容量の電気圧力鍋【おうちシェフ PRO L】2機種を発売する。

ラインアップと発売日は、フルドット液晶とダイヤルを搭載して操作しやすい【SP-5D151】が11月19日。LEDディスプレイを採用した【SP-5D152】が11月12日。

高圧力を一定にかけることで食材のおいしさを引き出し、自動減圧機能で減圧時間の短縮ができる独自技術、「スマートプレッシャー技術」を搭載し、手軽に本格的な料理を作ることができる電気圧力鍋。

いずれも満水容量5Lの大容量サイズで、最大6人分の料理を1度に作れる。そのため、大人数の家庭にはもちろん、作り置きにも便利だとする。丸鶏を使ったサムゲタンやローストチキンなど、食材をまるごと使った料理にも対応可能で、さらに料理の幅が広がる。

最高100kPaの高圧力を一定にかけ続けつつ、圧力制御を行なう「スマートプレッシャー技術」を搭載。業界最高クラスの高圧力100kPaを一定にかけ続けることのできる圧力制御により、食材のおいしさを最大限に引き出す。また、自動減圧機能により、高圧力になるほど長くなる減圧時間の短縮も実現。

「圧力調理」や「無水調理」「蒸し調理」「炊飯」「スロー調理」「温めなおし」といった機能に加え、加圧せず低温でお好みの時間(最大24時間)調理を行う「低温調理」、内なべで下ごしらえができる「炒め」、発酵のプロ・マルコメ株式会社監修の「発酵」、温度をお好みで設定可能な「温度調理」が可能。さらに、自動で圧力調理に切り換わる「低温&圧力調理」と、糖質オフでもおいしさを実現した「糖質オフ炊飯」が新たに加わり1台12役に。

搭載するオートメニューは、「低温&圧力調理」で作る「牡蠣カレー」のほか、食材を無駄にしない、野菜の皮やすじなどで作る野菜出汁「ベジタブルブロス」などを含む、100種類を用意。付属のオリジナルレシピブックには、オートメニューに対応する100レシピを掲載し、毎日の献立選びにも役立つとする。

外出前に食材を仕込んでセットすれば、帰宅後にはできたての料理が食べられる、「かしこい予約プログラム」機能を搭載。最大予約設定時間は15時間。この予約調理では、最初に加熱して菌が繁殖しにくい約75℃で保温。設定時間から逆算して仕上げ調理に取りかかり、味をしみ込ませてから完成させるという。

【SP-5D151】は、操作部分のダイヤルとフルドット液晶を搭載し、より操作がしやすいとする。メニュー名や材料一覧、現在の調理工程、残りの調理時間などを確認でき、次に必要な操作を教えてくれる操作ガイド付きで、迷うことなく操作できる。またダイヤルにより、豊富なメニューもすばやく選択できるようになったとする。

なお【SP-5D152】は、白色LEDディスプレイを採用。本体に配置されたボタンで操作する。

【SP-5D151】のサイズは約27.5×34.5×28.7cm(幅×奥行き×高さ)。【SP-5D152】のサイズは約27.5×34.4×28.7cm(幅×奥行き×高さ)。いずれも重さは約5.8kg。調理容量は3.5Lで、満水容量は5L。電源は100V(50/60Hz)。消費電力は1,200W。電源コード長は1.2m。計量カップ、蒸しかごを付属。カラーは、【SP-5D151】がホワイト、【SP-5D152】はグレーとダークブラウンの2色。

店頭予想価格は、【SP-5D151】が33,000円前後、【SP-5D152】が28,000円前後。

Follow me!