スープクックプロセッサー

BRUNOは、大人を愉しむライフスタイルブランド「BRUNO (ブルーノ)」より、料理の下ごしらえから本格スープまでつくれる【スープクックプロセッサー (BOE102)】を、10月26日に発売する。

ポタージュやスープなどが作れる、フードプロセッサー機能搭載のスープメーカー。ボタンを押すだけで手軽に本格スープが作れるだけでなく、フードプロセッサーとしても使える。

ざっくり切った固い食材でも滑らかな本格ポタージュが作れる「ポタージュ」モードや、ごろごろと食感豊かな具材の入った「たべるスープ」、「あたためなおし」モードを搭載。

また、生肉のミンチや野菜のみじん切りが可能なフードプロセッサーを備え、料理の下ごしらえをするのに役立つ。容量は約1Lで、200mlのポタージュであれば、約5杯分を1度で作れる。

使い方は、具材を入れたポットを本体にセットしてフタを閉め、本体前面のモードボタンを選択するだけ。フードプロセッサー機能を使う時には、「フラッシュ」ボタンを押す。ボタンを押している間だけ作動する。

ポットとフタは、丸洗いできるため、清潔に使い続けられる。

サイズは約W225×H270×D260mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約2.8kg。電源はAC100V。消費電力は、ヒーターが350W。モーターが240W。電源コード長は約1.2m。カラーは、イエロー(BOE102-YE)とアイボリー(BOE102-IV)の2色。

価格は14,300円。

サイズW225mm×H270mm×D260mm

コード長:約1.2m
重量約2800g
素材・成分本体:ポリプロピレン 、 ポット:ポリプロピレン/ステンレス鋼、フタ:ポリプロピレン/ガラス
機能・消費電力:ヒーター350W 、モーター240W
・自動スープモード(ポタージュ、たべるスープ)、あたためなおし、フラッシュ
電源AC100V
備考最大容量:1.0L

Follow me!