Dyson Purifier Hot+Cool Formaldehyde 空気清浄ファンヒーター (HP09 WG)

ダイソンは、空気清浄機としてもヒーターや扇風機としても使える【Dyson Purifier Hot+Cool Formaldehyde(ダイソン ピュリファイヤ ホット アンド クール ホルムアルデヒド) 空気清浄ファンヒーター (HP09 WG)】を、順次発売する。

年間を通じて、空気清浄機/ヒーター/扇風機の「1台3役」として使用できる空気清浄ファンヒーター。

空気清浄機能では、HEPAフィルターでウイルスや細菌、ニオイなどを除去するほか、製品名にもある有害な化学物質「Formaldehyde(ホルムアルデヒド)」を正確に検知し、酸化分解触媒フィルターで分解するという。

ホルムアルデヒドは、0.1μmのサイズの粒子の500分の1であるため、捕集が難しい化学物質とされている。ホルムアルデヒドをより正確に検知する固体ホルムアルデヒドセンサーを搭載、独自のアルゴリズムによってホルムアルデヒドを検知。専用のVOC(揮発性有機化合物)センサーによって識別した、他のガスと合わせて室内の空質の状況を、搭載するLCDディスプレイでリアルタイムに表示する。

また内蔵する酸化分解触媒フィルターが、ホルムアルデヒドを捕らえて、触媒反応によって分解したあとに、ごく少量の水とCO2だけを空気中に放出するという。フィルターの触媒は、空気中の酸素が活性酸素分子に置き換わることで自己再生するので、酸化分解触媒フィルターは交換不要。半永久的にホルムアルデヒドを分解できるとする。

パワフルな循環力のAir Multiplierテクノロジーにより、部屋全体の空気を清浄。気流を増幅させる独自設計の送風口により、遠くにある空気の汚れまでも引き寄せる循環力を持つ。

8畳を清浄する目安は、27分。空気清浄ファンヒーターとして利用する場合は、ヒーターモードに設定。暖房能力は最大10畳。またディフューズドモードでは、浄化された空気を本体後方の開口部から送り出し、風が前方に送られないようにする。

空気清浄能力が適用床面積9畳で30分、適用床面積25畳で60分。暖房能力は、コンクリート住宅が適用床面積10畳/5畳、木造住宅が適用床面積6畳/4畳。

サイズは248×764mm(直径×高さ)。重さは5.75kg。風向き調整は350度。フィルター交換の目安は約1年(1日12時間使用の場合)。交換フィルターの価格は7,000円(税別)。

価格はオープンプライス。同社直販サイトでの価格は92,400円。

Follow me!