中身が見える冷蔵庫 (HR-EI35B)

ツインバードは、 「本質的に価値ある家電を追求する」という想いのもと立ち上げた「感動シンプル」ラインから、人のからだのサイズから、目線や肩の位置に合わせた高さと、無理なく腕が届く奥行きに設計し、気持ちよく使えるかたちを実現した【背伸びせず使える冷蔵庫 (HR-E935W)】と、“タッチ&ビュー”機能を搭載することによって、いつでも気軽に冷蔵庫内をすみずみまで見渡すことができる【中身が見える冷蔵庫 (HR-EI35B)】を11月8日に発売する。

【背伸びせず使える冷蔵庫 (HR-E935W)】は、定格内容量354Lで、高さ約1648mmの4ドア冷凍冷蔵庫。冷蔵庫の容量を保ったまま、人の身体に合わせて、クラス平均より高さを約11cm低く設計。小柄な人も無理なく、最上段まで手と目線が届くという。

また、腕がきちんと届くよう、奥行きはクラス最薄に設計した。加えて、両側に広く開けるフレンチドアを採用し、ドアを大きく開けても省スペース。今までは届きにくかった冷蔵庫の奥の物もしっかり取り出すことができ、ドアポケットに入れたものまで庫内を一望できる。また、キッチンで料理するときも邪魔にならないという。

冷凍容量は、クラス最大の約103L。たくさん入れても、食品が見やすく取り出しやすいように、腰に合わせたちょうどいい高さに設計されている。さらに、“新発想の蓋付き製氷皿”を採用し、軽くひねるだけで簡単に氷を取り出せるなど、従来の製氷皿の細かなストレスを解消したとする。

主な仕様は、年間消費電力量は323kWh/年。定格内容積は354L(冷蔵室が191L、冷凍室が103L、野菜室が60L)。冷却方式はファン式、冷凍室はフォースター。電源コード長は約2.2m。

サイズは約685×630×1648mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約80.5kg。カラーはホワイト。製氷ケース×2、製氷仕切、脚カバーが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は180,000円前後。

【中身が見える冷蔵庫 (HR-EI35B)】は、定格内容量は354Lで、触れると透けるハーフミラー「タッチ&ビュー」機能を搭載した4ドア冷凍冷蔵庫。センサーにタッチすることで、ミラーガラスが透けて冷蔵庫内が確認可能となり、ドアを開けずにじっくり中身が確認できる。ドアはハーフミラーがなじむ鏡面デザインを採用した。

なお、「タッチ&ビュー」機能以外の基本的な仕様や大きさは、【背伸びせず使える冷蔵庫 (HR-E935W)】と同様。

主な仕様は、年間消費電力量は345kWh/年。定格内容積は354L(冷蔵室が191L、冷凍室が103L、野菜室が60L)。冷却方式はファン式、冷凍室はフォースター。電源コード長は約2.2m

サイズは約685×630×1648mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約84kg。カラーはブラック。製氷ケース×2、製氷仕切、脚カバーが付属する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は230,000円前後。

Follow me!