まっ直ぐドラム (AQW-DX12N)

アクアは、Aiが水温や汚れの量などを検知して洗濯を適切に調整し、汚れの落ちにくい冬場の洗濯でも汚れ残りを防ぐ「Aiウォッシュ」を搭載したドラム式洗濯乾燥機【まっ直ぐドラム (AQW-DX12N)】を11月17日に発売する。

洗濯・脱水容量12kgと大容量ながら、64cm規格の防水パンにも収まるコンパクトなドラム式洗濯乾燥機。

新機能として、洗濯の仕上がりを向上させる「Aiウォッシュ」を搭載。0種類の洗濯状況をセンシングし、洗いから脱水までの各工程において、水量や洗剤の量、時間、回転数を自動調整して洗濯する。「Aiウォッシュ」は学習機能があり、家庭の洗濯状況の傾向を学んで、使用条件に合わせた適切な設定で洗い始めるという。

また、水洗いできない衣類を手間なく簡単に、傷みを抑えながらリフレッシュできる「エアウォッシュ」も搭載。衣類を包み込むように温風を循環させながら、超音波により発生させた微細なミストを槽内に充満させることで、衣類の除菌や消臭と同時にシワ伸ばしができる。温風ミストと一緒に槽を回転させてホコリを落としながらシワを伸ばし、ふんわり仕上げる。

独自の内蔵式乾燥フィルターを採用し、乾燥フィルターに溜まった糸くず・ホコリを、洗濯運転前と乾燥運転中に検知し、自動でワイパーで掻き出し水で洗い流す「乾燥フィルター自動おそうじ」、最終すすぎの水位を高くしてタンブリングすることで、黒カビの発生の原因となる洗剤成分を洗い流す「槽自動おそうじ」、ドア周りのパッキンに残った糸くずや洗剤の泡を、すすぎや脱水を始める前に水で洗い流す「ドアパッキン自動洗浄」を搭載した。

洗濯槽と外増の間には、除菌効果が期待できるUVライトを配置。UVライトを照射しながら洗うほか、乾燥時の約65℃の温風やエアウォッシュ使用時に発生する熱との相乗作用でより効果的かつ手軽に衣類を除菌できる。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能と、流れる経路の洗浄機能を備えるほか、液体洗剤・柔軟剤を入れておくケースは取り外して洗える。

ドラムの静止と回転を繰り返しながら、高濃度の洗剤液を衣類全体に素早く浸透させる「オールラウンド浸透洗浄」。もみ洗いに加えて、高い位置から衣類をまっすぐ落としてたたき洗いを行うことで、食べこぼし汚れや、エリの皮脂汚れもすっきり落として洗い上げる。制御や構造を工夫することで、洗濯時間はクラス最速の約29分を実現。

主な仕様は、洗濯・脱水容量は12kg、乾燥容量は6kg。目安時間は洗濯時が約29分、洗濯~乾燥時が約139分。運転音は洗いが約34dB、脱水が約45dB、乾燥が約47dB。定格消費電力は洗濯時が240W、乾燥時が550W。消費電力量(50/60Hz)は洗濯時が55Wh、洗濯~乾燥時が1,130Wh。

サイズは595×685×943mm(幅×奥行き×高さ、幅と奥行は排水ホースを含む。また、奥行は付属の排水ジョイントホース使用時)、重量は約94kg。カラーはホワイト、シルキーブラック。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は33万円前後。

なお、「乾燥フィルター自動おそうじ」や「槽自動おそうじ」、「ドアパッキン自動おそうじ」を搭載したベーシックモデル【AQW-D12N】も同日発売する。「Aiウォッシュ」や「エアウォッシュ」は非搭載となる。カラーはホワイトのみ。

店頭予想価格は286,000円前後。

Follow me!