ルンバ コンボ j7+

アイロボットジャパンは、水拭き機能も搭載した1台2役のロボット掃除機【ルンバ コンボ j7+】を、11月11日より発売する。

掃除機と水拭き機能を搭載した2in1モデル。独自のエッジクリーニングブラシ、2本のゴム製デュアルアクションブラシ、パワーリフト吸引の「3段階クリーニングシステム」に、ルンバ初の水拭き機能が加わり「4段階クリーニングシステム」へと進化した。

水拭きが可能な床面を自動検知し、ゴミを吸引しながらアームで圧をかけてしっかり水拭きを行なう。運転中、吸引掃除と水拭きが自動で切り替わるため、短時間で効率的に清掃できるという。吸引力はAeroVacを搭載した従来機種600シリーズの約10倍で、「j7/j7+」などと同等。

モップパッドを完全に天面にリフトアップして“変形”する「パッドリフティングシステム」を新たに搭載。カーペットを濡らすことなく、掃除機と水拭きの両方を効率的に行う。

また、本体前面のカメラにより、目の前にあるコードやペットの排泄物(犬または猫の固形の糞)などの障害物をリアルタイムに識別して回避、散らかった床でも掃除できる「PrecisionVison ナビゲーション」を搭載。清掃中に障害物が見つかると、清掃終了後に「iRobot Home」アプリにその画像が表示され、これらの障害物に今後どのように対処すべきかを、アイロボットが管理するクラウド上にユーザーが任意でフィードバックする、ユーザー参加型AIとして提供する。

認識と回避ができる障害物は、11月1日時点でコードやケーブル、ヘッドフォン、ペットの排泄物、靴やスリッパ、靴下、ファブリック、衣服のほか、新たに追加されたのがリュックサック、ペットの食器、猫用トイレ、ペットのおもちゃ(ボールやロープなど)、クリスマスツリー。

最大1年分のゴミを収納するクリーンベース(自動ゴミ収集機)を搭載。掃除が完了すると、本体のダスト容器のゴミを自動で、クリーンベース内のAllergenLock紙パックに排出する。

掃除機がけと拭き掃除が1台で完了フローリングやラグなどさまざまな床に最適クリーンベース® (自動ゴミ収集機)
iRobot® Homeアプリ対応スケジュール機能音声アシスタント対応
ダートディテクト機能自動充電&自動再開障害物を認識して回避
部屋を指定して清掃季節やライフスタイルに合わせた
清掃提案
清掃方法のお気に入り登録
主な機能

クリーンベースはデザイン性も追求しており、細かい凹凸の入った質感やレザー調のプルタブなど、生活家電を超えたデザインを実現したという。さらに横長の形状でテーブルなどの下にもすっきりと収まり、置き場所を選ばないとしている。

ルンバ本体のサイズは33.9×8.7cm(幅×高さ)、重量は約3.4kg (バッテリー含む)。クリーンベースの本体サイズは31×40×34cm(幅×奥行き×高さ)。対応する部屋数が5部屋以上。

主な付属品は、クリーンベース、クリーンベース用電源コード、交換用紙パック(1個)、交換用フィルター(1個)、交換用エッジクリーニングブラシ(1個)、マイクロファイバーモップパッド(2枚)、床用洗剤(4回分)。

価格は159,800円。

なお、ハードウェア面の進化だけでなく、従来のiRobot Geniusが「iRobot OS(アイロボット オーエス)」へと名称を変更。機能が追加され、今後もOSのバージョンアップにより進化するという。

Follow me!