O'MUSU

Ocrasiは、手間がかからない”ほったらかし蒸し料理”を楽しむことができる電気せいろ蒸し器【O’MUSU -オムス】を販売した。発送は12月下旬。

1,000/800/600Wで切り替えられる「蒸しモード」と、300/200/100Wで調節できる「保温モード」を搭載し、6段階で火力調整できるため、弱い蒸気で「低温蒸し料理」を作ることが可能。弱い蒸気での「温野菜」など、強い蒸気では「おこわ」など料理によって最適な温度で蒸すことができる。

香りの強い杉せいろを使用。木のいい香りが料理の味をひき立た、部屋中にも温泉宿のような心地よい空間に演出するという。

本体前面にはタッチパネルを配置。タイマーは1分単位で設定できる。タイマー表示が大きめなので、ほかの作業をしながらでも、残り時間が分かりやすい。

本体には水を仕切る筒を配置しているため、効率よく沸騰させられるとする。調理スタートから3分で蒸気があがるため、忙しい時にも、すぐに蒸し始められる。

油よけトレーが付属し、本体とせいろの間にトレーを挟むことで、脂の多いお肉などを蒸しても下まで垂れずに受け止めるため本体を洗う手間が省ける。

サイズは約295×315×370mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは1.7kg(いずれも、せいろを含む)。電源コード長は1.5m。カラーは、ホワイトとブラックの2色。

価格は25,800円。

Follow me!