NR-F559WPX

パナソニックは、冷凍食品の霜つきや乾燥を抑制し、約1か月後もおいしさを守る「うまもり保存」を新搭載しIoTに対応した冷蔵庫、定格内容積650Lモデル【NR-F659WPX】、600Lモデル【NR-F609WPX】、550Lモデル【NR-F559WPX】の3機種を、2023年3月上旬より発売する。

クーリングアシストとして、業務用レベルの急速冷凍をかなえる「はやうま冷凍」を装備。さらに、冷凍保存時の食品劣化を抑制し、約1か月後もおいしさを守る「うまもり保存」を新搭載した。冷凍室の開閉時に入る外気をブロックし、保存中の温度変化から守る「うまもりカバー」で、カバー内の温度変化を従来比約1/3に抑制。食品の水分の蒸発を防ぐので、霜つきや乾燥を抑制しおいしさを守るという。保存袋開封後の冷凍食品や、ホームフリージングした食材もおいしく保存でき日々の食事作りに役立つとする。

加えて、IoT連携による2つの新機能を採用。気象警報(暴風/暴風雪警報のみ)と連携し、冷凍室の保冷時間を従来比約2倍に延長できることを謳う「停電そなえモード」。そして、IoT連携によりクラウド上のAIが生活パターンを分析学習して霜取り運転を最適化し、無駄な消費電力を削減する「AIクーリング」を装備した。庫内の温度変化を抑えるので、冷凍品質の低下も防ぐことができるという。

650Lモデル【NR-F659WPX】の各室容量は、冷蔵室が335L、製氷室が24L、クーリングアシストルームが33L、冷凍室が123L、野菜室が135L。

サイズは750×745×1828mm(幅×奥行き×高さ)、重量は120kg。

600Lモデル【NR-F609WPX】の各室容量は、冷蔵室が312L、製氷室が19L、クーリングアシストルームが31L、冷凍室が113L、野菜室が125L。

サイズは685×745×1828mm(幅×奥行き×高さ)、重量は116kg。

550Lモデル【NR-F559WPX】の各室容量は、冷蔵室が285L、製氷室が18L、クーリングアシストルームが29L、冷凍室が103L、野菜室が115L。

サイズは685×699×1828mm(幅×奥行き×高さ)、重量は110kg。

価格はいずれもオープンプライス。

Follow me!