INKO Premium Pocket Haramaki

ロア・インターナショナルは、特許技術を使用し電熱線に代わる銀ナノインクが発熱する【INKO Premium Pocket Haramaki(インコ プレミアムポケット腹巻き)】を国内クラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行販売した。

インクで温めるINKOの特許技術で実現した温熱ベルト。電磁波をほぼ出さない「1.5mm」の内部の超薄型シートが最大50℃まで発熱。

ベルトの前面に両手がすっぽりと収まるポケットを設けた。両面発熱するINKOの発熱シートでお腹とポケット内の手の両方を同時に温める。表面に使用されている素材は、柔らかく触り心地のよいソフトマイクロファイバー。

モバイルバッテリーを充電することで繰り返して使用可能。

安全設計として、火傷を防ぎユーザーの安全を守る90分自動オフのセーフティ機能、過熱防止センサーを内蔵し70℃以上の発熱をした場合自動で電源OFF、温度コントロールセンサー内蔵で設定温度と実際の発熱温度を監視調整、低音火傷防止のための低音動作設定、製品内部で150℃以上の過熱が発生した場合にヒューズが自動で切れるスマートセルフヒューズシステムなどを搭載。

サイズ/重量は、ベルト:が111×18.5×0.5cm/153g、パッドが25×13×0.15cm/45g。消費電力は7W(5V/1.4A)。

Follow me!