Siphonysta (ADS-A020)

タイガー魔法瓶は、サイフォン式コーヒーの抽出の自動化を実現した、見た目も味わいも楽しめるコーヒーメーカー【Siphonysta(サイフォニスタ) (ADS-A020)】を、2月21日より発売する。

サイフォン式コーヒーの抽出過程の自動化を実現したコーヒーメーカー。フラスコ内の水を沸とうさせ、気圧変化によりコーヒーを抽出するサイフォン式コーヒーは、味はもちろん、ポコポコと沸く音も心地よく、シリンダーに少しずつ溜まっていく過程も美しい抽出方式。一方、用意する道具や作業工程が多い、抽出方法が難しいといった理由から、自宅でサイフォン式コーヒーを楽しむのが難しく、こだわりのカフェや喫茶店で長く愛されきた。【Siphonysta】は、タイガーが培ってきた熱制御技術を駆使しサイフォン式コーヒーの抽出を自動化した、見た目も味わいもまったく新しい革新的なコーヒーメーカーです。噴水のようにコーヒーが噴きあがる美しい抽出過程、ミニマルかつモダンなプロダクトデザインで、特別な一杯と上質な時間を提供するという。

自動サイフォン式コーヒー抽出システム

瞬時にコーヒー粉全体を蒸らすスチームを発生させ、一般的なドリップ式ではない浸漬式を採用。シリンダーの上下に圧力差を発生させてコーヒーを減圧ろ過して、抽出を行う新しい方式という。クリアーでかつ、豆本来の香りと旨みを最大限に引き出すとのこと。

Dual Temp Brewing Method(2段階温度抽出法)
風味3段階×濃さ3段階 調整メニュー

また、抽出過程で温度を切り替えて、コーヒー豆の本来の風味を引き出す「Dual Temp Brewing Method(2段階温度抽出法)」を搭載。さらに、風味を「酸味」「中間」「苦み」の3段階、濃さを「薄い」「中間」「濃い」の3段階からそれぞれ選択でき、同じ豆で9通りの味が楽しめる。

抽出されたコーヒーがまるで噴水のように噴きあがる美しい抽出過程を演出する透明シリンダーを採用。上部シリンダーの空気を抜くことで、上下シリンダーに圧力差を発生させ、コーヒーのろ過と抽出を行う。またシリンダーとパイプの距離は、噴きあがるコーヒーが最も美しく見える距離に調整、魅せる抽出過程にこだわった。

狙った温度にスピーディーに立ち上がる、電気ケトルで採用しているプリントヒーターの技術を応用した新技術の熱コントロールヒーターを実装。

出来上がった味わい深いコーヒーは、自身でレバーを引いて、カップに注ぎ入れる
ふた、上シリンダー、揚水パイプ、下シリンダーが食器洗い乾燥機対応

シリンダーは一部部品を除き、食器洗い乾燥機で手入れ可能。ふた、上シリンダー、揚水パイプ、下シリンダーが食器洗い乾燥機に対応する。

サイズは約31.3×23.9×36.6cm(幅×奥行き×高さ)、重量は約5kg。最大使用水量は約0.29L。定格消費電力は1,225W。カラーはオニキスブラック。

価格はオープンプライス、直販価格は66,000円。

色柄オニキスブラック<KO>
定格電圧100V
定格周波数50-60Hz
実容量0.29L
定格消費電力1225W
サイズ(約)(cm) 幅×奥行×高さ31.3×23.9×36.6
質量 (約)5kg
コードの長さ(約)1.4m

Follow me!