KOMOREBI

アウトドアブランドHang Out(ハングアウト)から、煙突効果で燃焼効率が良く、炎と灯りを楽しむことができる焚き火台【KOMOREBI(コモレビ)】が販売されます。

多重に重なったサイズの異なるシェードから漏れる焚火の灯りを楽しめる焚火台。軽さは求めず、シェードの歪みを極力抑えるように、シェードを上下に織り込み剛性を確保。また、角にも歪み防止補強をプラスし、調理時のグラつきや薪を立てかけた際の安定性を高めている。

脚にフックをつけシェードの角を引っ掛けることで形状を保つように設計されており、組立式の焚火台によくあるグラグラ、バラバラな不安定感を避けた構造となっている。

異なるお大きさのシェードの隙間から、焚き火の灯りがこもれでる姿は、重なり合ったシェード照明のようなやさしい雰囲気を演出する。

KOMOREBI

灯りを楽しむだけでなく、各シェードの隙間、最下部の灰受けの穴とロゴの切り抜きから吸気することで、煙突効果が発生し燃焼効果を高める。冷たい空気を下から吸い上げて上昇させる力で、空気の対流を促進させ燃焼効率化が格段に上がるという。コンパクトな焚き火台でありながらも、火付けも簡単にでき、川に落ちている木も燃え残りもなく灰しか残らないほどの燃焼力とのこと。

KOMOREBI

また、シェードの組み替えで火力の調整ができ、焚き火と調理を楽しむことができる。

ゴトクも付属しているので、焚火調理も可能。ゴトクの網目は太めになっており、高い強度を発揮します。ダッチオーブンも載せられるという。

KOMOREBI

すべてのパーツがシェード(大)のサイズに収まり、A4 の用紙とほぼ同じサイズですので、シェードと灰受けは入れ子になり、お弁当のように収まるので、バッグやリュックに入れて気軽に持ち運びしやすくなっていまる。

サイズは330×230×270mm(幅×奥行き×高さ)、収納サイズは300×210×70mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3kg。

価格は17,600円。

Follow me!