LOGOS 鉄の職人スタックダッチポット

「LOGOS 鉄の職人」シリーズから、マルチに使えるプレート型のフタが付いた鉄鍋【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポット】4サイズと、専用器具【LOGOS 鉄の職人やっとこハンドル】を発売した。ダッチポットは直径13~18.2cmの4サイズをラインアップ。

鉄板をヘラで絞り成形する「ヘラ絞り加工」で作られた日本製の「LOGOS 鉄の職人」シリーズ。表面には「ハードテンパー加工」を施しているため、シーズニング(油ならし)が不要な点を特徴とする。使うごとに色の深みや重厚感が増していき、育てるように使用できるとしている。

LOGOS 鉄の職人スタックダッチポット

【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポット】は、鍋料理やダッチオーブン料理などに対応する鉄鍋に、フライパンや食器として使えるプレートタイプのフタが付いたセット。1つあれば鍋とフライパンで同時調理ができるため、効率的に食事の準備ができるという。蓄熱性を備えているため、料理の保温も可能。

少人数での使用に適したコンパクトサイズで手軽に使えるほか、サイズが異なる同シリーズの製品は重ねて収納できる。なお取っ手などが付いていないため、使用する際は【LOGOS 鉄の職人やっとこハンドル】が必要となる。

【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポットXL】は容量約1.2L。鍋サイズは18.2×9cm(直径×高さ)。プレートを含む重量は約1.2kg。

価格は9,800円。

【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポットL】は容量約0.8L。鍋サイズは16×8cm(直径×高さ)。プレートを含む重量は約940g。

価格は8,800円。

【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポットM】は容量約0.5L。鍋サイズは14.5×7cm(直径×高さ)。プレートを含む重量は約740g。

価格は7,800円。

【LOGOS 鉄の職人スタックダッチポットS】は容量約0.4L。鍋サイズは13×6cm(直径×高さ)。プレートを含む重量は約620g。

価格は6,800円。

LOGOS 鉄の職人
スタックダッチポットXL
LOGOS 鉄の職人
スタックダッチポットL
LOGOS 鉄の職人
スタックダッチポットM
LOGOS 鉄の職人
スタックダッチポットS
サイズ[プレート](約)幅21×奥行23.5×高さ3.5cm
[鍋](約)直径18.2×高さ9cm
[プレート](約)幅19×奥行21.5×高さ2cm
[鍋](約)直径16×高さ8cm
[プレート](約)幅17.5×奥行19.5×高さ2cm
[鍋](約)直径14.5×高さ7cm
[プレート](約)幅16×奥行18×高さ2cm 
[鍋](約)直径13×高さ6cm
内寸[プレート]幅17.5/15×高さ2cm
[鍋](約)直径17.5/14.5×高さ9cm
[プレート](約)幅15/13×高さ2cm
[鍋](約)直径15.5/13×高さ8cm
[プレート](約)幅13.5/11×高さ2cm
[鍋](約)直径13.5/11×高さ7cm
[プレート](約)幅12.5/10×高さ2cm
[鍋](約)直径12.5/10.5×高さ6cm
容量[鍋](約)1.2L       [鍋](約)0.8L[鍋](約)0.5L[鍋](約)0.4L    
総重量(約)1.2kg(約)940g(約)740g(約)620g
LOGOS 鉄の職人スタックダッチポット

【LOGOS 鉄の職人やっとこハンドル】は同シリーズ専用のハンドルで、握りやすい弓なりの形状。縦にも横に掴むことができ、鍋やクッカーをしっかりとホールドするため安全に使えるという。

サイズは約9.5×18×3.5cm(幅×奥行き×高さ)。主な素材はステンレス。

価格は2,800円。

Follow me!