JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]

MAAGZ(マーグズ)とアウトドア雑誌Fielder(フィールダー)がコラボした焚火台【JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]】が販売されました。

屈強かつ広大な火床を展開するフレーム構造により、大型の倒木をレイアウトに使う「ロングファイヤー型」を再現可能にした焚火台。安定した燃焼を長時間維持できるこの型は、最小限の荷物を持ち山に入る「山ヤ」や「釣り師」が好んで使うスタイル。数ある薪の組み方の中でも非常にシンプルで、実用性において最高峰とも呼ばれていまる。火床が横方向に広くフラットになるため、調理の自由度が高いのも特徴。

JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]
JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]

腕ほどの太い丸太を平行に2本並べ、その間に薪を配置するロングファイヤー型。両側の丸太が壁となることで、薪から発生する可燃ガスが熱し続けられ、安定した燃焼が持続する。

耐荷重は30kg。フィールドに落ちている重量級の倒木も載せられる想定で設計している。上からの荷重を分散し土台を安定させるため、フレームはW字型のシンメトリー形状になっている。剛性を落とさない程度に肉抜きを施すことで、耐久性と重量のバランスも両立。

JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]

吸気用に空けられたロストルの穴。両サイドに大きな丸太を載せた状態でも、下からの空気の流れが発生し燃焼を持続させる。

同じ方向へ木(薪)を組むロングファイヤー型は火床をフラットにしやすいく、調理に適している。また、横に長い火床は、強火から弱火、保温などの火加減調整をするのにも適している。

JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]
JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]
JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]
JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]

4ステップで火床スペースを展開可能なフレーム構造を実現。収納時のサイズは460×140×50mm(幅×奥行き×高さ)と薪一本ほどの大きさ。

熾火や灰が地面に落下するのを防ぐ「灰受け」には、特殊不燃生地を使用している。また、フレームにはステンレス素材を採用し、サビや腐食に強くメンテナンスの手間を最小限に抑えながらヘビーユースできる仕様になっている。

JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]
JIKABIDAI / 直火台[Fielder×MAAGZ]

耐久性に優れるとともにエイジングも楽しめる、倉敷帆布と本革、真鍮パーツを素材に使った収納袋。

価格は25,300。

重量1,500g
サイズ組立時:W542mm × H162mm × D415mm
収納時:W460mm × H50mm × D140mm
材質ステンレス(フレーム、ロストル、ロストル固定用の棒:SUS430、 灰受け固定用の棒:SUS304)、特殊不燃生地
付属品フレーム × 1
ロストル × 6
灰受け × 1
収納ケース
取扱説明書

Follow me!