MUC307D/MUC357D

マキタは、18Vリチウムイオンバッテリーを使用する「充電式チェンソーシリーズ」2モデルを発売する。ラインアップは、ガイドバーの長さが300mmの【MUC307D】と、350mmの【MUC357D】。

搭載するブラシレスモーターとギア減速機構により、チェーン刃を高トルクで駆動させ、粘り強い切断を実現したという。そのため高負荷時でも回転が止まりにくく、木造家屋の解体作業や玉切りに最適とする。

コントロールしやすいリヤハンドルを採用し、木材などの被削材に対して、力を入れやすく狙ったところを正確に切断できる。また工具レスでチェーン刃を交換できるほか、大口径29mmの給油口にチェーンオイルを給油しやすいなど、使いやすさを追求した設計だとする。

ガイドバーの長さが300mmの【MUC307D】は、サイズが214×704×234mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは4kg。

ガイドバーの長さが350mmの【MUC357D】は、サイズが214×762×234mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは4kg。

いずれも1充電あたりの作業量の目安は、杉角材100mmを約50本切断可能。バッテリーと充電器が同梱するほか、チェーンカバー、チェーンオイル、丸ヤスリが付属する。

価格は、【MUC307D】が59,800円(税別)、【MUC357D】が62,000円(税別)。いずれもバッテリー「BL1830B」と充電器「DC18SD」が付属する。本体のみの【MUC307DZ】と【MUC357DZ】の価格は、41,800円(税別)、44,000円(税別)。

Follow me!