Edge Explore 2

サイクルコンピューター「Edge「シリーズより、ナビゲーション機能に特化したサイクルコンピューター【Edge Explore 2】【Edge Explore 2 Power】が、9月22日に発売する。

GPSサイクルコンピューター「Edge」シリーズは、高精度なGPS、豊富なデータ項目、直射日光下でも視認性の高いディスプレイ、ロングバッテリーなどの基本性能に加え、パフォーマンス計測、ナビゲーション機能、スマート機能などの多彩な機能を搭載したGPSサイクルコンピューターシリーズ。

Edge Explore 2
Edge Explore 2 Power

【Edge Explore 2】【Edge Explore 2 Power】は、レースではなく、旅やサイクリングなどレジャーとして自転車を楽しまれる方から寄せられる「スマートフォン」を使ってのルートサポート時の、「バッテリーがもたない」「位置情報が不明瞭なことがある」「直射日光で見えづらい、オーバーヒートする」「自転車道がわからない」などの悩みに応えて生まれたサイクルナビゲーター。

全国主要自転車道を備えた、昭文社の日本詳細道路地図を搭載し、高精度な位置情報とルート案内を実現。登坂の勾配率や距離、高度もグラフで可視化する。また、目的地に応じたルート案内や作成したコースのナビゲーションも可能。ルートを外れた際の一時停止、再度設定なども行える。

衛星測位はGPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)をサポート。Edge同士で位置情報を共有する「Live Track」機能も用意した。

約16時間稼働のロングバッテリー搭載。また、【Edge Explore 2 Power】は、eバイクのバッテリーに取り付け充電しながらの走行が可能(SHIMANO、BOSCHのパワーシステム及びUSB-Aに対応)。

ディスプレイは3.0型フルカラーでタッチ操作に対応し、直射日光でも見やすいスクリーンを採用した。有酸素持久力の目安となるVO2 Max(最大酸素摂取量)の測定機能や、サイクリング終了時に回復度合いなどをアドバイスするリカバリーアドバイザーも利用できる。

ともにサイズは106.1×55.7×20.6mm、重さは104g。バッテリー稼働時間は約16時間。防水性能はIPX7。内蔵センサーは気圧高度計、加速度計。接続機能はANT+、Bluetooth。

価格は、【Edge Explore 2】が52,800円、【Edge Explore 2 Power】が60,800円。

Follow me!