PAS CITY-C

ヤマハ発動機は、街乗りや通勤に人気の軽量コンパクトな20型電動アシスト自転車【PAS CITY-C(パス シティ シー)】【PAS CITY-X(パス シティ エックス)】の2023年モデルを2月14日に発売する。

ともに登坂時などの高回転ペダリング時でものびやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)と、坂道などの状況に合わせて自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」が特徴。2023年モデルは、日常生活で使いやすく、感覚的操作が可能なデザインの「スマートクロックスイッチ」を新たに搭載した。

実際の利用シーンで、特に確認する時計の表示を大きく、見やすくした。走行モード切替ボタンは、アシストダウンボタンに比べアシストアップボタンを大きくし、上下非対称にすることで走行中でも操作しやすい形状とした。また、各種操作ボタンの配置に加え、選択中の走行モード、バッテリー残量など瞬時に確認できるディスプレイの情報配置にもこだわった。

バッテリーの残量が20%を切ると、お知らせランプが点灯し、「ピピッピピッ」とブザー音が鳴るため、目と耳で残量の低下を確認することができ、突然の電池切れを防ぐ。また、バッテリーの残量が、10段階のインジケーターと%で表示されるため、従来モデルに比べて残量を確認しやすくなった。

【PAS CITY-C】は、カジュアルなデザインで街中などでも乗りやすい、ファッショナブルで軽量コンパクトなモデル。乗り降りしやすい低床U字型フレーム、オシャレなデザインと機能性を両立させたデルタハンドル・大型テリーサドルなどが特徴。

アシストモードは「強モード」「スマートパワーモード」「オートエコモードプラス」の3種類。1充電あたりの走行距離は順に48km、57km、83kmとなっている。

サイズは、1,535×580mm(全長×全幅)、車体重量は20,8kg。サドル高は715~865mm、適応身長は140cm~。

2023年モデルでは、カラーリングは上質でエレガントな印象を与える「マットロゼ」、どんなファッションにも合わせやすい「カカオ」を新たに追加し、全4色。

価格は143,000円。

PAS CITY-X

【PAS CITY-X】は、スマートに街乗りを楽しめるモデル。クールでスタイリッシュな印象を与えるワイヤー内蔵の直線的なX字型フレーム(Xフレーム)、スポーティな走りを実現するセミスリックタイヤ・セミストレートハンドル・スポーティサドルなどが特徴。

アシストモードは「強モード」「スマートパワーモード」「オートエコモードプラス」の3種類。1充電あたりの走行距離は順に54km、65km、90kmとなっている。

サイズは、1,585×520mm(全長×全幅)、車両重量は21,1kg。サドル高は795~925mm、適応身長は153cm~。

カジュアルな「マットグレイッシュベージュ」、スマートな「ディープレイクグリーン」を追加し、全3色。

価格は145,200円。

Follow me!