M.O.J.O. M1

応答速度0.2ms以下を実現する独自の新型スイッチ「DAKOTA(Dynamic Asynchronous Key of Trigger Activation)」を搭載したマウス【M.O.J.O. M1 (MM04DCINBL000-0)】が、販売されました。

クリック耐久性は6,000万回を謳っており、Advanced Signal Detection技術により、入力信号を高速かつ正確に検出できるとしています。

センサーにはPixArt製のPMW 3360を搭載。解像度は最大12,000dpiで、読み取り速度が250ips、加速度が50G、ポーリングレートが1,000Hzとなる。筐体には中空ピラミッドデザインを採用し、重量を70gに抑えました。

サイズは79.3×120×39mm(幅×奥行き×高さ)、重量は70g。ケーブル長は1.8m。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,480円前後。

Follow me!