G-Learning

ペンとPCをUSBで接続し、専用のボードをなぞることでペンタブレットとして使えるデバイス【G-Learning】が、販売されました。

一般的なペンタブレットは、タブレット側にペンを感知するデジタイザが入っており、ペンの位置を読み取ってPCに転送するが、この製品は特殊なドットコードが印刷された「G-Board」を使い、その上のコードをペン(G-Pen2)が赤外線センサーで読み取って位置を認識し、PCに転送するしくみ。

WindowsのペイントやmacOSのプレビューといったペイントソフトをはじめ、Officeのインク機能、ZoomやTeamsのホワイトボード機能などでも手書きできるとしている。なお、PCのアスペクト比によっては設定変更する必要がある。

単体でも販売しており、G-Pen2の価格は8,800円、G-Board単体の価格は800円。サイズおよび重量は、G-Pen2が約14×16×130mm(幅×奥行き×高さ)/約16g、G-Boardが約257×182×0.5mm(幅×奥行き×高さ)/約35g。

価格は9,600円。

Follow me!