Alienware Aurora R13/R14

第12世代Core搭載の【Alienware Aurora R13】およびRyzen 5000シリーズ搭載の【Alienware Aurora Ryzen Edition R14】が、販売されました。

両機種ともに、Legend 2.0と呼ばれる新デザインを採用。シャーシの大型化によって容積を50%増加した。加えて、マザーボードの電源ケーブルを上下方向に出したり、前面インターフェイス部もボードから直結とするなど、エアフローを妨げるものを減らしている。

これにより、ファンの回転数を上げることなく冷却性能を高めることに成功。冷却性能と静音性能の両立を図った。ファンは最大で前面に2基、背面に1基、天面に1基装備する。

丸みを帯びた筐体は、左側面に耐擦傷性を持つ透明側面パネルが選択可能となった。筐体前面にはAlienwareロゴを含めたRGBイルミネーションを備えるほか、各所にAlienFX対応RGB LED搭載パーツを内蔵できる。また、右側面にはケーブルマネジメントスペースを備え、背面にはマグネット式のケーブルカバーも装着できる。

【Alienware Aurora R13】は、CPUに第12世代Core i5/i7/i9を採用し、DDR5メモリやPCI Express 5.0対応スロットを搭載。CPUクーラーには、標準の水冷システムより11%大型なラジエータを備え、AlienFX対応のLEDもヘッド部に内蔵する「Cryo-Tech」水冷システムも選択できる。GPUは最上位でGeForce RTX 3090も選べる。

構成例としては、Core i5-12600KF(標準の水冷CPUクーラー装備)、16GB DDR5メモリ、512GB M.2 NVMe SSD、GeForce GTX 1660 Ti、750W 80PLUS Platinum電源、Windows 10 Homeなどを搭載。

インターフェイスは、USB 3.2 Type-C、USB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×5、USB 2.0×4、2.5Gigabit Ethernet、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、音声入出力などを備える。

サイズは225×529×510mm(幅×奥行き×高さ、背面ケーブルカバーなし)、重量は12.3~15.5kg。カラーは、ルナライトまたはダークサイド オブ ザ ムーンの2種類を用意。

【Alienware Aurora Ryzen Edition R14】は、CPUに5000シリーズのRyzen 5/7/9を採用し、GPUにはRadeonまたはGeForce RTXシリーズを選択可能。なお、メモリはDDR4で、PCI Express 5.0には非対応となる。

構成例としては、Ryzen 5 5600X(標準の水冷CPUクーラー装備)、16GB DDR4メモリ、512GB M.2 NVMe SSD、Radeon RX 6600 XT、750W 80PLUS Platinum電源、Windows 11 Homeなどを搭載。

インターフェイスは、USB 3.1 Type-C×3、USB 3.0×5、USB 2.0×4、2.5Gigabit Ethernet、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、音声入出力などを備える。

サイズは225×529×510mm(幅×奥行き×高さ、背面ケーブルカバーなし)、重量は12.5~15.5kg。カラーはダークサイド オブ ザ ムーン。

Follow me!