LEOPOLD FC660C

アーキサイトは、静電容量無接点方式のスイッチを採用したLeopold製の省スペース有線キーボード【LEOPOLD FC660C】シリーズを一部オンラインショップ限定で発売しました。スイッチの仕様や本体色の異なる計5モデルを展開。

すべてのモデルでキースイッチに押下圧45gの静電容量無接点方式のものを採用。通常スイッチモデルだけでなく、中~高域の周波数成分を抑えた静音スイッチモデルも用意する。キーキャップはPBT製で、キー印字は昇華印刷で施した。

テンキーやファンクションキーなどを省いたレイアウトにより、19mmのキーピッチを保持しつつ省スペース化を実現。一方で矢印キーは搭載し、背面にはCrtlキーとCapsLockキーの入れ替えやWindowsキーのロックなどが行なえるDIPスイッチも備える。

キー配列は全モデル共通で英語、キー数は66。本体サイズは328×111×25~40mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約700g。

各モデルの本体色およびスイッチの仕様は、【FC660C/EBL】が黒/通常スイッチ、【FC660C/EGB】がグレー+ブルー/通常スイッチ、【FC660C/EBLS】が黒/静音スイッチ、【FC660C/EGBS】がグレー+ブルー/静音スイッチ、【FC660C/EWLS】がアイボリー+グレー/静音スイッチとなる。

価格は通常スイッチモデルが2万5,800円、静音スイッチモデルが2万9,800円。

Follow me!