AYA NEO 2021 PRO

ハイビームは、Ryzen 7 4800U搭載の7型UMPC【AYA NEO 2021 PRO】を順次販売する。

CPUにRyzen 7 4800Uを採用したスレート型UMPCで、CPU以外の基本性能は10月中旬に発売した「AYA NEO 2021」と共通。

1,280×800ドット表示対応の7型タッチ液晶を搭載。輝度は550cd/平方m、色空間はNTSC 76%。そのほかのおもな仕様は、メモリ16GB、ストレージ1TB、OSはWindows 10 Home。

インターフェイスはUSB 3.2 Gen 2×3(うち2つはType-C形状でDisplayPort Alt ModeとPD給電に対応)、HDMI×1、3.5mmステレオピンジャック、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、SDカードスロットなど。

サイズは255×20×106mm(幅×奥行き×高さ)、重量は650g。カラーは「ダークスター」「ライトムーン」「レトロパワー」の3色。このうち「レトロパワー」は専用クレードルが標準で付属する。

価格は「ダークスター」「ライトムーン」が14万7,400円、「レトロパワー」が15万9,280円。

「ライトムーン」と「レトロパワー」の発売時期は11月下旬の予定。

Follow me!