NBTB102

慶洋エンジニアリングは、「New Bridge」ブランドより、8コアSoCなど従来モデルから性能を高めた10.1型Androidタブレット【NBTB102】を販売しました。

従来モデルの「NBTB101」をベースにしながら、基本スペックを向上。高クロックなSoCを採用し、メモリ/ストレージ容量の拡張、5GHz無線への対応などを実施。バッテリー容量も大きくするなど、全体的な性能向上を図っている。

主な仕様は、SoCがMT6765(8コア)、4GBメモリ、128GBストレージ、10.1型1,920×1,200ドットIPS液晶、Android 11などを搭載。

インターフェイスは、USB 2.0 Type-C、約500万画素前面/約800万画素背面カメラ、3.5mmステレオミニジャック、microSDカードスロットなどを備える。

サイズは約244.4×163.4×8.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約530g。バッテリー容量は7,100mAh。

店頭予想価格は3万8,500円前後。

Follow me!